ロック歌手の世良公則氏(64)が日刊ゲンダイの報道に対し、ツイッター上で自身の見解を示した。日刊ゲンダイは5月2日付紙面で、コロナ禍において「無能無策に怒りの声が次々 安倍政権は芸能界を敵に回した」の記事の中で、多くの芸能人からあがっている安倍政権のコロナ対策への苦言の一例として、世良公則氏のツイッター上での発言をこう報じた。

〈世良公則(64)は自民党の甘利明議員のSNSについて、「政府の援助無しでここまで弱りきっていても『今は我慢する時』と自分に言い聞かせ努力するのが日本人。そんな国民に政府は『はいはい。良くできました。もう少しです。頑張りましょう』と言える神経が理解できない」と批判コメントを発信。すると事務所宛てのメールに自民党員を名乗る人物から「甘利議員のコメント批判をするな」と脅迫ともとれる文面で抗議があったそうだ。世良は「今後このような事があれば法的対応も考えさせて頂きます」と更に怒りを爆発させている〉

 これに対し世良氏は2日、「あるニュースソースにおいて、先日の私の主張が他のアーティストの方々と並べられ『安倍政権は芸能界を敵に回した』と括られ報道がなされたようだ。本意では無い、他人の意思が介在し、形を変えられる。真実と異なるそのような偏った報道こそが私は恐ろしい」とツイート(原文ママ=以下同)した。

 日刊ゲンダイが世良の所属事務所に発言の意図を問うと、「その意図は、自身のtwitterにて既に公開しております。下記、ご確認ください」とメールで返信があり、上記ツイートに続けて投稿されていた次のツイートが添付されていた。

「『更に怒りを爆発させている』とは。匿名の嫌がらせや脅迫されるようなメールが届けば喜べない当然怒る。その部分が意図的に操作されて安倍政権への怒りに置き換えられている。怒りが爆発しているなら、今も継続してそのように訴え投稿しているのではないか。金輪際、このような操作はやめて頂きたい」

 世良氏は上記2つのツイートに続けて、「私は、一度も偏見を持ち安倍政権の批判をした事はありません。この戦後最大の国難、一刻も早く疲弊し不安に押し潰されそうな国民を救って頂きたいだけです。その決断は現政権下、安倍総理に託されているのですから。主権在民、皆さんそれぞれが、ご自分の声を国会議員の方に正しく届けてください」とも投稿。

 自民党幹部である甘利議員の発言は「神経が理解できない」と言いながら、「安倍政権の批判をした事はありません」というのはいささか理解に苦しむが、日刊ゲンダイは世良氏がツイートした事実を報じたまでで、「意図的に操作」したつもりはない。

 世良氏はツイッターで「知る事。考える事。そして自身で判断する事。」を標榜。いま、多くの著名人が反対を表明している検察官の定年を65歳へ引き上げる検察庁法改正案についても問題意識をあらわにしている。

 芸能人の政治的発言がタブー視される中、世良氏の言葉に勇気づけられるのはファンだけではないはずだが。