【今週の「エール」豆知識】

「エール」第13週(6月22〜26日)は山崎育三郎(34)演じる佐藤久志を中心にストーリーが展開した。コロムビアの新人歌手オーディションに臨み、古川雄大(32)演じる御手洗清太郎らと1枠をめぐって争った。ミュージカル俳優として活躍する山崎と古川は同じ事務所の先輩後輩。収録では2人による息の合ったアドリブが次々に飛び出したという。

 結局、オーディションに合格するのはラジオ局のお偉いさんの息子・寅田熊次郎。演じるのは一昨年、ジュノンボーイコンテストでフォトジェニック賞と明色美顔ボーイ賞をW受賞した坪根悠仁(20)。山崎、古川と合わせ、美形男子が揃い踏みした週だった。

 さて、佐藤、御手洗、寅田の3人の中で、はっきりとしたモデルがあるのは佐藤だけだ。戦中戦後を通じ活躍した歌手・伊藤久男である。エールの主役のモデル・古関裕而とは同じ福島出身。普段から仲のよかった2人はいくつものヒット曲を世に送り出している。

 元々はピアニスト志望。生家にはピアノがあるという、当時としてはたいへん裕福な家庭に育った。だが、家族は伊藤が音楽の道に進むことを許さず、カモフラージュのために東京農大に入学したが、まもなく退学し帝国音楽学校に入り直す。それがばれて仕送りが止められ、仕方なく歌手のバックで合いの手を入れるアルバイトを始めた。そのバリトンの美声がコロムビアのディレクターの耳にとまり、歌手への道が拓けたのだった。

 最初のうちはなかなかヒット曲に恵まれなかった伊藤の転機となったのは、古関が作曲した「露営の歌」との出会いだった。「勝って来るぞと勇ましく」と始まる同曲は大きな反響を呼んだ。その後も伊藤は古関とのコンビで「暁に祈る」や「海の進軍」など、戦時歌謡を次々に発表してい
った。

■「露営の歌」など戦時歌謡を次々と…

 しかし戦争が終わると、自身の歌が兵士を戦場に送り出したという悔恨から、家に引きこもり、酒を浴びる日々が続いた。「伊藤久男は終わった」との声が業界内でもささやかれだしていたころ、古関とのコンビで再起を果たす。終戦4年目に古関が作曲した高校野球大会歌「栄冠は君に輝く」を熱唱。続けて、同じく古関作品の「イヨマンテの夜」を発表し、完全復活を遂げた。

 演じる山崎と同様、伊藤もたいへんなハンサムだった。ドラマでは山崎がウインクするだけで、女学生たちが卒倒する様子が描かれているが、実際の伊藤も相当なモテ男だったらしい。全国どこに行っても、女性たちの黄色い声が上がったという。

(田中幾太郎/ジャーナリスト)