内藤剛志(65)が主演を務めるテレビ朝日系ドラマ「警視庁・捜査一課長 2020」が絶好調だ。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、第6話でいったん休止していたが、18日から放送再開。25日第8回の平均視聴率は12・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

「同時間帯の番組で視聴率はトップ。連続ドラマの中で数字を上回っているのはキムタクの『BG』くらいですが、それは前番組の『捜査一課長』の側面支援のおかげもあります」(テレビ関係者)

 400人以上の捜査員を束ねる“叩き上げ”の捜査一課長・大岩純一(内藤)らの奮闘を描いた人気刑事ドラマ。16年4月期に連続ドラマ化され、17年、18年も同時期に続編化され、今回が4期目。しっかり練られたドラマの構成の面白さはもちろん、ファンの心をがっちりつかんで離さないのは、現場資料班の刑事・平井真琴を演じる斉藤由貴(53)のチラリズムだ。水戸黄門シリーズにおける由美かおるの入浴シーンではないが、斉藤のムチッとした太ももや胸元がアップになるシーンがほぼ毎回出てくる。その瞬間、視聴率がバンッと跳ね上がるそうだ。

■「魔性の女」にますます磨きがかかった

「斉藤さんは3年前に医師との不倫騒動で釈明会見し、その後、一時的にテレビの出演が減りました。今回の『捜査一課長』は3年ぶりの復帰となります。本人はやる気も自信もみなぎっているのでしょう。吸い込まれるような色気でチラリズムのシーンを完璧に決めてきます。『魔性の女』にますます磨きがかかった印象です」(あるスタッフ)

 3年前、斉藤が白いワンピースと薄いメーク、ほつれた髪で会見場に出てきた時、なぜかソワソワしている男性記者が多かった。斉藤には男を刺激する“何か”があるのだろう。

 彼女にとって今年は歌手デビュー35周年のメモリアルイヤー。出演映画「子供はわかってあげない」も公開予定だ。

「捜査一課長」シリーズ初となる2クール目が始まる7月2日は、同学年の元アイドル森尾由美(54)と激しい対決を繰り広げる。

「2人はドラマ初共演ですが、ソーシャルディスタンス以上の距離感を感じました。80年代の元アイドルのライバル同士ですからお互いの存在を強烈に意識していたのだと思います」(前出のスタッフ)

 いつもよりさらに過激な斉藤のチラリズムが見られるかもしれない。