各局でレギュラー番組を抱えていた全盛期がウソのように、現在は関東ローカルの番組1本のみとなってしまった、とんねるずの石橋貴明(58)。テレビ以外の場に活路を見いだすべくついにユーチューバーデビューを果たしたのは6月19日のことだった。

 アップする動画のテーマに「タカさんが興味あることを全てノリでやっちゃうチャンネル」を掲げ、29日までに4本の動画をアップ。過去3本の再生回数はいずれも120万回以上。登録者数は47万人を突破している。

「ユーチューバーデビューの“仕掛け人”は、『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)で演出を担当していた放送作家のマッコイ斉藤氏。公式チャンネル開設前には、かわいがっているお笑いコンビ・おぎやはぎのラジオにゲリラ出演してPRするなど用意周到です」(テレビ関係者)

 芸能界のみならず、スポーツ界などにも幅広い人脈を持つ石橋。今後、大物ゲスト、さらには相方の木梨憲武(58)や妻で女優の鈴木保奈美(53)の登場も期待される。更に地上波では生きなかった石橋の持ち味が存分に発揮されるのではという期待もあるという。

■コンプラ重視の地上波に居場所ナシ

「特に芸があるわけでもない石橋がテレビの世界でのし上がったのは、若さにまかせた傍若無人で破天荒な言動が受けたからです。しかしながら、昨今はコンプライアンス重視で、『みなさんのおかげです』の頃のように放送禁止スレスレの企画や“保毛尾田保毛男”のようなキャラクターは地上波では絶対に流せない。この10年ほど石橋は持ち味を発揮できない環境にありました。その点、ユーチューブなら規制は緩い。大物に遠慮なく絡んだり、後輩タレントに高級時計を買わせるといったパワハラまがいの企画もOK。最近の人気ユーチューバーがよくやっている現場の突撃リポートなどは昔のとんねるずの得意技でしたからね」(民放プロデューサー)

 ヒマでヒマで仕方がない様子の石橋。地上波に居場所はなくなったが、ユーチューバー転身に勝機アリ、か。