俳優の坂上忍(53)がMCを務める情報番組「バイキング」(フジテレビ系)が、10月の改編から、現状の11時55分〜13時45分の放送時間をおよそ1時間延長して15時までの3時間の放送に拡大すると報じられた。

 それに伴って、「バイキング」の直後に放送されていた安藤優子と高橋克実がメインの「直撃LIVE グッディ!」は9月末で終了することに。

 バイキングをめぐっては、先月、一部女性誌が坂上のスタッフに対する“パワハラ疑惑”に触れ、「9月に打ち切り」と報じていた。

 さる番組関係者はこう話す。

「確かに打ち合わせは厳しいが、それはMCとして当然のことで、パワハラというのは言い過ぎでしょう。当の記事を見て、坂上本人は笑いとばしていたそうですよ。一部に彼のことをよく思っていない関係者がいるのは確かでしょうから」

■フジテレビに問い合わせると

 坂上は今や“フジの将軍様”といわれるほどの権力を握る存在。2014年4月の同番組スタート当初は“日替わりMC”の一人にすぎなかったが、1年後にメインMCに昇格し、同番組を「坂上忍ショー」に仕立て上げた。スポーツ紙芸能デスクは「バイキングの打ち切りはあり得なかった」として、こう話す。

「昼の情報バラエティー番組は視聴率6%を取れば大成功といわれるなか、『バイキング』は5%台の日も多く、合格点です。そこで、主婦層を中心とした女性視聴者からのウケがいまひとつの安藤優子がMCで、苦戦が続いていた『グッディ』を終了させて、坂上に託すということでしょう」

 フジテレビ広報部にこの件について確認すると、「『グッディ』が終了することは事実ですが、それ以外はお答えしておりません」との回答。しかしながら、1時間の延長となると、現状のように前日にあったニュースを中心とした討論形式の“情報トークバラエティー”から、よりニュース色を強めた内容になりそうだ。

「バラエティー班のスタッフにグッディのニュース班のスタッフも加わるようです。坂上のギャラは高騰しており、今回の時間延長で、1回あたり200万円以上、年俸は5億円超に達するといわれています。フジは坂上と心中するつもりでしょう。『ミヤネ屋』『ゴゴスマ』といった競合がひしめく午後のワイドショー戦線に坂上は挑むことになるが、ポイントはやはり女性視聴者からの支持ということになるでしょう」(前出の芸能デスク)

 お台場の命運を握ることになった坂上と心中覚悟のフジテレビ。大抜擢は吉と出るか、はたまた――。