ムロツヨシ(44)が黒木華(30)の住むマンションに通っていると発売中の「女性セブン」が報じている。

■ドラマ「大恋愛」で主役級に昇格

 ムロは小劇場の舞台俳優出身で、「LIFE!人生に捧げるコント〜」(NHK)などコメディーやバラエティーを得意とし、福田雄一監督に起用されブレーク。その後、2018年にドラマ「大恋愛〜僕を忘れる君と」(TBS系)でヒロイン・戸田恵梨香(31)の相手役に大抜擢され、42歳でエランドール賞新人賞を受賞。19年にはベストドレッサー賞を受賞し、遅咲きながら今ではイケメン俳優陣と肩を並べる存在に。同誌によると、ムロが住むマンションに4月から黒木が転居してきたというのだが……。芸能リポーターの川内天子氏はこう言う。

「2人は交際しているとみて間違いない。同じマンションの別部屋に住み、交際をカムフラージュする、というのは芸能界によくある話。お互い小劇場出身と志向が似ていて、2人で酒を酌み交わしながら演劇論を語ったり、友達の延長線上で恋愛に発展している姿が想像できます」

 プライベートでは小泉孝太郎(42)、石田ゆり子(50)ら交友関係も広く、小泉がいない実家で、父の小泉純一郎元首相とサシで食事をしたことなどをバラエティー番組で明かしている。また12年に木南晴夏(34)との交際が報じられ、「大恋愛」収録中は戸田との熱愛も噂になるなど、不遇だった20代を取り戻すかのようにモテ男街道を突き進んでいる。

「ドラマ『大恋愛』をきっかけにシリアスな演技も評価され、役の幅が広がっている。俳優の場合、アクの強さが作品にハマってブレークすることが多いのですが、ムロさんの場合は野心を前面に出すというより、順応力でブレークする珍しいタイプ。そういうスタンスで築いた人間関係も含めて今、花開いているのだと思います」(前出の川内氏)

 仕事も恋愛も年を追うごとにキャリアアップしているムロツヨシ。世の男性たちの憧れというより大いに嫉妬を買う存在に成り上がった。