日本テレビ局内では「“水卜会”にあらずば女子アナならず」と言った戯れ言が飛び交っているという。今や同局で人気・実力共にナンバーワンを誇る水卜麻美アナ(33)の覇権は言わずもがな。もはや先輩の桝太一アナ(39)でさえ、水卜の前では借りてきた猫のようにおとなしくなってしまうというのだ。

「いま、水卜アナはまさに飛ぶ鳥を落とす勢いです。彼女に逆らったら仕事を干されてしまうと言っても過言ではない。同局の女子アナは水卜アナの親衛隊とも言うべき“ミト会”に加入したくてその機会をうかがっているんです」(アナウンス部関係者)

 ところが、この「ミト会」、なかなか入会のハードルは厳しく、ちょっとやそっとでは認められないという。

「まず一番に求められるのが大食いであること(笑い)。とにかく食いしん坊であることが求められるそうです。おやつがカレーライスだったり汁ダク牛丼なんて当たり前。普通の食欲の女子アナは皆、音を上げてしまう」(前出の関係者)

■最年少での副部長昇格も?

 気になる「ミト会」のメンバーは……。さる日テレ関係者の話。

「徳島えりかアナ(32)や杉野真実アナ(30)が持ち回りで幹事を務めている。平会員は郡司恭子アナ(30)、岩本乃蒼アナ(29)、笹崎里菜アナ(28)。最近、笹崎里菜アナがカツ丼3杯と二郎系ラーメンの大盛りを食べ根性を認められ入会を許されたという噂もある。最近、彼女が仕事が増えたのはミト会がバックにあるからです。ちなみに市來玲奈アナ(24)は小食のため入会を許されないのだとか」

 水卜アナがここまで局内で権勢をふるうようになった理由は「スッキリ」を筆頭に「幸せ!ボンビーガール」「有吉ゼミ」などの同局を代表する人気番組のMCを軒並み担当していること。さらに「24時間テレビ」の総合司会を羽鳥慎一(49)とともに務め上げ、小杉善信社長の覚えもめでたいことも理由だという。

「次の人事異動では最年少での副部長昇格が噂されています。彼女の勢いには制作局でヤリ手と鳴らしたプロデューサーやディレクターらも逆らえないそうです」(芸能プロ関係者)

「フリーになる局アナは時代遅れ」発言

 そうしたなか最もツイていない男といわれているのが9月いっぱいで日テレを退社したジャニーズ通として鳴らす青木源太アナ(37)。なんと水卜アナの不興を買ってしまったというのだ。

「最近の水卜アナは“ミト会”で『フリーになる局アナは時代遅れ』と主張しているそうです。そんな暇があったら自分のアナウンス技術を磨け、あるいは大食いなどの技を磨けとハッパを掛けていた。そこにふと出てきたのが青木アナの独立問題です」(別の同局関係者)

 いまや泣く子も黙る水卜アナ。彼女の権勢はますます拡大しているようだ。