10月24日からスタートしたTBSの金曜ドラマ「恋する母たち」。主演は女優の木村佳乃(44)で、原作は柴門ふみ氏の同名の人気漫画だ。脚本を担当するのは「セカンドバージン」「大恋愛〜僕を忘れる君と」などを執筆したベテラン脚本家の大石静氏。

 初回の世帯平均視聴率は10.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、2ケタ発進となったが、ドラマ放送中にネット上でチラホラ見かけたのは〈このドラマ見てると、なぜか金妻を思い出す〉〈金妻の令和版って感じ〉なんてコメント。〈金妻〉とは、言わずもがなかもしれないが、同じTBSの金曜ドラマで1980年代に大ヒットした「金曜日の妻たちへ」の略称である。

「『金妻』はシーズン3までありますが、特に大ヒットしたのは、1985年放送の古谷一行さん、いしだあゆみさん、篠ひろ子さん、小川知子さんらが出演したシーズン3。小林明子さんが歌った主題歌『恋におちて ―Fall in love―』はミリオンセラー(累計)となり、今でもカラオケで歌う人が多い定番ソング。確かに30代、40代の女性たちが不倫に走るという設定は、『金妻』と『恋する母たち』に共通していますね」(テレビ誌ライター)

「恋する母たち」は、有名進学高校に息子を通わせる3人の母(木村、吉田羊、仲里依紗)たちが、秘密と悩みを抱ながら、再び女性として恋に落ちる様子を描いたラブストーリーである。

「3人の女性の恋愛模様は日本人が好むパターンなのかもしれません」と、ドラマウオッチャーで芸能ライターの山下真夏氏はこう続ける。

「2001年に放送された小泉今日子さん主演の『恋を何年休んでますか』も似た設定でヒットして、スペシャルドラマも作られています。『恋する母たち』も人気が出る可能性は高いとみていますが、主要キャラである3人の女性が魅力的なことはもちろん、キーになるのは相手役となる男性陣のキャスティングかな、と。『金妻』シーズン3では、奥田瑛二さんが〈色っぽすぎる〉と大ブレークしました。『恋する母たち』では早くも阿部サダヲさん演じる人気落語家・今昔亭丸太郎に〈キュンキュンする〉〈丸太郎沼にハマった〉という声が出ていますよね」

 主演の木村の相手役となるのは、小泉孝太郎(42)。爽やかでいい人を演じることが多い小泉だが、「恋する母たち」ではどこかミステリアスでクールなイメージを漂わせている。

「小泉さんが演じるのは斉木巧という男性ですが、このキャラクターのみ唯一、脚本の大石さんが原作から改変したそうです。原作よりセクシーでワイルドなキャラクターになっているんだとか。初回を見た限りでは小泉さんのスッとした顔立ちに意外にハマっているなと思えましたから、今後"斉木沼"にもハマる人が続出してもおかしくありませんよ」(山下真夏氏)

 視聴者の女性層のハートをがっつりと掴み、「恋する母たち」は令和版「金妻」と呼ばれる日が来るか。ドラマはまだ始まったばかり。今後の"キュン展開"に期待だ。