タレントの飯島直子(53)が離婚していたことを発売中の女性セブンが報じている。

 飯島は今年に入ってから離婚が成立、所有している2億5000万円の超高級タワーマンションにひとりで暮らしているという。元夫は同年代で不動産会社を経営。19年には舞台女優(当時39)との“路チュー”が女性週刊誌に報じられたこともある一般人らしからぬ一般人だ。飯島は夫の不倫報道を自虐ネタにして笑いをとり、夫をとがめなかったが、夫婦の溝は埋まらなかったようだ。

 飯島といえば、97年にTUBEの前田亘輝(56)と結婚し、4年後の01年に離婚。その後04年あたりから13歳年下の歌舞伎町の有名ホストとの交際が報じられたが、07年に破局し、09年にくだんの元夫と再婚していた。

 TUBE前田との結婚生活について「我慢の4年間だった」と言う飯島だが、男性への“尽くし”っぷりは有名で、結婚すると仕事をセーブし、ほぼ専業主婦状態になるほど一途。2度目の夫にも同様で、夫が脱ぎ散らかした服を片づけ、健康を考えた料理を作る貞淑ぶり。元カレのホストには、連日店に通い、将来を見据えてインテリアデザイナーの専門学校に通わせるなど彼に貢いだ金額は億単位ともいわれる。家族問題評論家の池内ひろ美氏がこう言う。

「男性から見て尽くす女性が心地いいのは最初だけで、“重い女”に変わります。食事管理も喜ばれるのはアスリートの妻ぐらいで、実は女性側の自己満足で、男性側は求めていない場合が多い。サラリーマンの妻は子育てに目が向いたり、夫を束縛するにも経済的に限度がありますが、飯島さんの場合はご自身に経済力がある分、束縛を超えて男性を“支配”してしまっています。これは、小柳ルミ子さんが大澄賢也さんと結婚されていた時と同じで夫を子供のように溺愛していた状態。飯島さんの場合、家庭に一途にならず、仕事面で若手育成などに力と愛情を注いだ方がバランスが保てます。一般的に尽くす女性は、育った家庭をやり直したい気持ちが強く、男性に父の面影を追いがち。飯島さんの男性のタイプにも共通項があるのでは」

 これまで夫に注いできたエネルギーは今後、仕事に向けられるはず。近年、石田ゆり子(52)に原田知世(53)と美しすぎるアラフィフが活躍中。元祖癒やし系の飯島が加わるなら大歓迎だ。