いつもの4倍超! 皮膚科医が教える“脱毛の秋”の育毛対策

いつもの4倍超! 皮膚科医が教える“脱毛の秋”の育毛対策

 朝、起きたら枕に抜け毛がどっさり……。秋といえば、読書や食欲、スポーツなどのイメージが強いが、「脱毛の秋」という人もいる。「紫外線が強い夏のダメージが出てくるのか」と心配しながら過ごす人もいるらしい。

「確かに秋は抜け毛が増える季節です」と言うのは、「桑名皮フ科」(高知県高知市)の桑名隆一郎院長。高知赤十字病院皮膚科部長時代に「育毛外来」を立ち上げた育毛のスペシャリストだ。

 そんな“育毛博士”によれば、人間にも猫や犬のような毛替わり遺伝子が残っているそうで、秋は、冬の寒さに備えて冬毛に替わりやすく、抜け毛が増えるという。一般に抜け毛の数は健康な人でも季節に関係なく1日平均50〜70本だが、秋は200〜300本と4倍以上に増加。「脱毛の秋」は正解で、“長年の友”との別れに気をもんでしまうのだろう。

「ほっておいても元に戻るが、薄毛気味の人は復活しにくい」というから、なるべく抜け毛は抑えたいところだ。どうすればいいか。

「まずは頭皮を清潔に保つこと。さらに、毛はケラチンというタンパクで構成されているので、脂の少ない肉や魚、豆類など良質なタンパク質を積極的に取るといい。そして野菜などでビタミンを補うとより効果的です。頭皮にゆるみのない人は、頭皮マッサージなどを日常的に行うのもお勧めです」

■病気が影響しているケースも

 内臓や体の内部から毛髪を元気に。それが一番らしい。それでも抜け毛の多さが気になる人は、病気が影響しているケースもある。甲状腺ホルモン異常、鉄欠乏症、亜鉛欠乏症、膠原病などによる可能性もあるという。

 男性を悩ませる脱毛症は、そもそも何が原因なのか。現代社会のストレスや欧米型の食事などの影響も指摘されるが、1981年と2004年とでは、男性型脱毛症の発生率にはほとんど差がないというデータがある。先の指摘が正しければ、よりストレスフルな2000年代の方が多くないとおかしいだろう。

「実は男性型脱毛症は100%遺伝が原因。男性ホルモンが悪く作用する遺伝的体質のせいです」 確かに、性ホルモンの分泌が未熟な子供は毛がフサフサ。なるほど、男性型脱毛症を表す「AGA」は、“遺伝とホルモンによる脱毛症”を意味する英語の頭文字だ。

「脱毛症の改善には、ホルモンを抑える薬剤の使用や生活習慣の改善が重要です」

 気になる人は、脱毛の秋こそ、医療機関に相談するときか。

関連記事

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索