意識失ったリスに心肺蘇生…“小さな救助劇”が米国で大反響呼ぶ

意識失ったリスに心肺蘇生…“小さな救助劇”が米国で大反響呼ぶ

【もぎたて海外仰天ニュース】

 日本では、ひき逃げ事件が相次いだというのに……米ミネソタ州で起きた“小さな救助劇”に注目が集まっている。

 地元テレビ局CBSミネソタ(10月4日付電子版)などによると、同州のブルックリンパーク警察の警察官2人が9月25日、ミネアポリスをパトロールをしていた時のこと。閑散とした道路の曲がり角近くで、若い男性がひざまずいて何かをしていることに気が付いた。

 傍らには、男性のものと思われる車が止まっていて、運転席のドアが開いたまま。男性は手袋をはめ、何か白い物体を規則的に指で押していた。近付いてみると、その白い物体は、意識を失い、あおむけになったリス!

 警察官が「どうかしたかい?」と尋ねると、男性は「こいつをはねちゃったみたいで、何とか助けようとしているんです」。

 なんと男性は、リスにCPR(心肺蘇生法)を試みていたのだ。

「どこか潰れてるところはあるかい?」

「いや、急ハンドルを切ったんで…」

 そんな会話を交わしながら、CPRを続けること約20分。警察官の1人が「君にはライフセービング賞をあげよう」とジョークを飛ばした瞬間に、リスは意識を取り戻し、大慌てで森に逃げて行った。

 男性らは“小さな救助活動”の成功に大喜び。ハイタッチを交わした。

 この一部始終は、警察官が装着していたカメラに記録されており、ブルックリンパーク警察が10月5日、フェイスブックに状況を説明する字幕をつけ、動画を投稿。

「……そしてリスはいつまでも幸せに暮らしましたとさ」という童話の決まり文句と、「もし野生動物にケガを負わせたら、ミネソタ野生動物リハビリセンターに運んでください」というメッセージで終わるこの動画は、大ウケ。10月11日現在、84万回も再生され、1万9000人以上からシェアされている。

 その後、救助に当たった男性は自動車販売員のクリス・フェリクスさん(19)と判明。CBSミネソタの取材に「小さな命も大切なんです」と語った。


関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索