安く夏休み旅行なら ANA・JALの“早割航空券”を使いこなす

安く夏休み旅行なら ANA・JALの“早割航空券”を使いこなす

【お金を増やす節約マジック】

 史上初の10連休が終わり、次のお楽しみは夏休み。あれこれプランを練るのも楽しいが、たとえば国内旅行を考えているなら、いますぐ行動。狙うは早割(早期割引運賃)航空券だ。

 まずは昨秋、国内線運賃体系のリニューアルを実施したANAに注目したい。「片道運賃」「往復運賃」を改編して「ANA FLEX(フレックス)」を新設するとともに、早めの予約でお得度大の「旅割」は「ANA SUPER VALUE(スーパーバリュー)」に、直前の予約(前日または3日前まで)でもお得な「特割」は「ANA VALUE(バリュー)」という名称に生まれ変わった。

 バリューとスーパーバリューは従来の運賃体系。便ごとの空席予測数と予約日によって運賃が変動する。注目のスーパーバリューの予約期限は、75日・55日・45日・28日・21日前までの5段階。早いほどお得なので、同じ便なら75日前までの「スーパーバリュー75」の予約が最安運賃となる。

 たとえば、東京(羽田)↓札幌(千歳)を8月下旬の日曜日で見てみると(5月20日時点。以下同)、指定日最安はスーパーバリュー75の1万5560円で、同55から同28は1万6000円をわずかに超える程度だが、同21は2万4460円とだいぶ高くなる(同じ便で確認)。とはいえ、同じ便のフレックスは3万8260円なので十分お得だ。いずれにしても、バリューとスーパーバリューは毎回、設定期間分を一斉に発売開始するので、早い者勝ち。現在購入できるのは10月26日搭乗分まで。

 ちなみに、フレックスも空席連動型運賃を導入。予約変更ができる従来の片道運賃・往復運賃のメリットに加え、お得も狙えるようになった。また予約・販売期間も搭乗日の355日前へ拡大。より早くに航空券の予約が可能になりうれしい限りだが、搭乗日355日前から予約OKといえば、ANAマイレージクラブ会員限定の「スーパーバリューアーリー」もしかりだ。予約変更はできないが、払戻手数料および搭乗日55日前までは取り消し手数料もかからない。現在購入できるのは19年10月27日以降の搭乗分。年末のある日の東京(羽田)↓札幌(千歳)でチェックしたところ、フレックスよりも1万円ほど安かった。

 JALの早期割引運賃「先得」も充実だ(現在は19年10月26日搭乗分までを発売中)。75日前までの予約「ウルトラ先得」をはじめ、55日前、45日前、28日前までの全4プランを展開している。ほかに、21日前でもお得な「特便割引21」があり、また1・3・7日前までの特便割引もある。

 とにかく早めがお得。早速検討したい。

(ライター・染谷晴美)


関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索