40歳過ぎたら「何もしていないのに痩せてきた」に要注意

40歳過ぎたら「何もしていないのに痩せてきた」に要注意

 40歳を超えて急に体重が落ちてきたら、“痩せてラッキー”と喜んでいたら駄目だ。さまざまな病気のリスクが高くなる年代。重大病が隠れているかもしれないと考えた方がいい。

 Aさん(48)はもともとポッチャリした体型だったが、この半年で8キロ痩せ、身長170センチに対し体重60キロ。標準体重の範囲内だが、周囲から「痩せたね!」と何度も言われることで、だんだん不安になってきた。

 生活で変わったことといえば、夫婦でやっていたウオーキングをジョギングに変えたことくらい。ジョギングといっても非常にゆっくりなジョギングなので、8キロも痩せるほどの運動量とは思えない。食事はこれまで通りで、酒もよく飲む。甘いものが好きで、朝か午後3時にお菓子をつまむ習慣もそのままだ。

「急 痩せる 病気」などのキーワードでインターネットで検索すると、胃がんなど消化器系のがんがヒットした。また、漫画家の内田春菊さんが4カ月で10キロ痩せ、それが糖質制限ダイエットの成果だと思っていたが、実は大腸がんだった――という記事を読み、自分もそうかもしれないと焦ってきた。

 そこで内視鏡の検査を受けることに。大学病院など大きな病院は紹介状が必要なので、内視鏡を備えているクリニックを探し、予約。内視鏡では、胃も大腸も問題がなかった。

「糖尿病で痩せることがある」という話を知人から聞き、血液検査も受けた。血糖値、コレステロール、中性脂肪、血圧などはすべて異常なし。「急激に痩せ、体がだるく、動悸もひどかったので検査を受けたら、甲状腺機能亢進症だった」という話も入ってきた。「血液検査で異常なかったが……」と思ったものの、専門が違えば見方も違うのではと考え、甲状腺の検査も受けた。すると、血液中の甲状腺ホルモンの数値が異常に高いと結果が出た。甲状腺機能亢進症と診断され、「痩せたのは甲状腺機能亢進症が原因だったことが考えられる」と告げられた。

 今は治療を受け、特に生活に支障はない。Aさんが思ったのは、「痩せ」を放置しなくてよかったということ。がんではなかったものの、この機会にさまざまな検査を受け、安心を得られた。甲状腺機能亢進症も見つかった。今、「中年は、肥満にも痩せにも注意」と周囲によく話している。


関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索