超早期で見つけてもらえて…魔夜峰央さん食道がんを語る

超早期で見つけてもらえて…魔夜峰央さん食道がんを語る

【愉快な“病人”たち】

魔夜峰央さん(漫画家・66歳)=食道がん

 ◇  ◇  ◇

 この4月、1年ぶりに胃カメラの検査を受けたら「食道がん」が見つかりました。検査のとき「怪しいものがある。検査して何か出たら電話します」と言われ、電話がこなかったので安心していたのに、翌5月に受診したら医者が妙に口ごもりながら、「もっと解像度の高いカメラで検査してください」と言うんです。ヒョイとカルテを見たら、「食道がん」と書いてありました。

 名医が家の近くの病院にいるというので紹介してもらいました。その名医が「よく見つけましたね」と言うぐらいの超早期で「ほとんどステージ0」でした。自覚症状がなかったのに見つけてもらえてついていました。見逃されていたら、次に検査を受ける予定の1年後にはどうなっていたか……。

 6月9日に入院し、翌10日に内視鏡手術を受けました。その6月の終わりに「劇場版パタリロ!」が公開されるんでスケジュールが詰まっていたんですけど、たまたまその週は空いていたんです。これもついていました。

 手術では食道のどのあたりかよくわかりませんが、表面の組織をちょうど500円玉1回り大ぐらいの大きさで薄く切り取りました。手術後は痛くて声が出せませんでしたが、15日に退院して18日にはNHKの昼の生放送の情報番組「ごごナマ」に出演しました。声は前日まで出なかったのに、本番当日に出るようになって。本番に強い(笑い)。

 ほかには、食事のときのみ込めなくて吐き出したことも何回かありました。でも、それも1カ月ぐらいでなくなりました。7月1日に聞いた手術後の検査結果で、「がんは全部取れました。大丈夫、完治です」と言われ、ひと安心です。

 食道がんは、お酒、たばこ、加齢、ストレスが原因らしいですが、お酒は当初の3週間は禁酒して、今は週1〜2回、外で食事するときだけは飲んでいます。自宅では飲みません。たばこは1日5〜6本。お酒、たばこをやめたら絶対にがんにならないわけではないし、楽しみをすべてやめたら、かえってストレスになりますよ。

 実は1回免許を取れば一生やっていける医者を信用できなくて、病院は3年前までまったく行かなかったんです。おとなしく検査に行くようになったのは、お酒の飲み過ぎで体調不良になり、娘(バレリーナで漫画家の山田マリエ)に泣いて「病院に行って」と頼まれたからでした。当時の私は立食パーティーでは立っていられず、平衡神経をやられて真っすぐ歩けず、手が震え、顔は青黒くなっていたんです。そういう状態が2〜3年続いていました。

■お酒で体を壊して定期的に検査を受けるようになった

 娘に泣かれて病院へ行き、血液検査をしたらγ―GTPが1230IU/Lというハイスコア(正常値は10〜50)を叩き出しました。それでも、自宅療養してお酒を控えたら、4カ月ぐらいで正常値に戻りましたよ。今は70ぐらい。ベッドに横になっていたのは2週間だけで、その後は普通に仕事をしていました。

 お酒はオヤジが強くて、私も強い。3年前に酒量を減らす前は、20年ぐらいずっと毎日ウイスキーをボトル1本半ほど空けていました。昼ごろに起きて、午後3時から9時ぐらいまで仕事して、それから食事しながら飲んで、午前2時ぐらいに寝る生活。食事は1日1回なので、ちゃんと食べながら飲んでいました。運動不足にならないよう、筋トレやバレエをやってきました。

 ただ、14年ごろから“冬の時代”になったんですね。出版不況になって漫画も売れなくなり、経済的に非常に厳しくなっていました。飲んで、そのつらさを忘れようとしていたんだと思います。

 飲むばかりでだんだん食べなくなり、体重は52キロまで落ちてしまった。さすがに奥さんも心配していましたけど、「今はしょうがない」「必ず良くなる」と、私自身は心配していなかったんですよ。

 でも、お酒で体を壊したおかげで、毎月通院し、血液検査と尿検査を受け、胃カメラなどの検査も定期的に受けるようになりました。だから食道がんが超早期で見つかった。何が幸いするかわからないですね。

 胃カメラ検査は点滴で麻酔を入れてもらいながらやれば、まったく苦しくない。

「まだ始まらないのかな」と思っていたら、「とっくに終わりました」と言われたことがあります(笑い)。検査はぜひ受けることをおすすめします。症状が出る前に!

 9月6日に3年ぶりに大腸カメラの検査を受けたら、「前回3ミリだったポリープが6ミリと少し大きくなっている」と言われ、来年頭ぐらいに切り取る予定です。がん化する可能性があるので予防のためです。でも、1泊2日の入院で済むそうですよ。 (聞き手=中野裕子)

▽まや・みねお 1953年、新潟市生まれ。73年に少女漫画誌「デラックスマーガレット」(集英社)でデビュー。78年から連載中の「パタリロ!」(白泉社)は、アニメ、舞台へと展開され、2019年6月には実写映画「劇場版パタリロ!」が公開された(11月15日にブルーレイ&DVD発売)。また、82〜83年発表の「翔んで埼玉」が19年2月に実写映画化され大ヒットした。


関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る