絶賛!身を挺して暴走車を止め、市民を救ったシャイな英雄

絶賛!身を挺して暴走車を止め、市民を救ったシャイな英雄

 逃走車が歩行者に突っ込む! その直前に身を挺して車を止めた勇気ある男性に「ヒーローだ!」と称賛の声が寄せられている。

 カナダの地方局CBCモントリオール(11月13日付電子版)などによると、11月12日午後、エリック・マルシアーノさん(写真)は、SUVを運転しながらモントリオールのダウンタウンを走っていた。

 すると赤いトヨタ車が凄まじいスピードで赤信号を無視し、交差点を突っ切って暴走。そのあとを警察車両が追跡していた。

 その直後、逃走車は急にUターン。歩行者がたくさんいる交差点に向かって走り始めた。このままでは車が人びとに突っ込んでしまう!

「人びとを傷つけるのは許さない!」

 エリックさんは、激しくクラクションを鳴らしながらハンドルを切り、中央分離帯を乗り越え、突進する逃走車の進路を妨害するように自身のSUVを突っ込ませた。

 逃走車はSUVの助手席側の車両前部に激突、停止した。その結果、十数人の歩行者らが救われた。エリックさんもけがはなかった。逃走していた容疑者の男(19)だけが負傷したという。

 警察はこの男を酒気帯び運転や車の窃盗などの容疑で逮捕・起訴した。

 エリックさんの自身の危険も顧みずに人々を救った行動に、警察も市民も「まさにヒーローだ!」と大絶賛。

 モントリオールのバレリー・モランテ市長も「英雄的な行動で多くの市民の命を救ったエリック・マルシアーノさんの勇気に敬意を表します。市民を代表して心から感謝いたします」とツイート。

 大破したSUVには保険金が全額支払われる。保険会社は「車の破損は人命救助のためで、過失ではありません」としている。

 多くの人びとから感謝と称賛を受け、「何だか恥ずかしくなってきた」とエリックさん。シャイな英雄だ。


関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る