大腸がん<4>Ⅳ期の手術 転移巣は後に切除するのが鉄則【ガイドライン変遷と「がん治療」】

大腸がん<4>Ⅳ期の手術 転移巣は後に切除するのが鉄則【ガイドライン変遷と「がん治療」】

【ガイドライン変遷と「がん治療」】大腸がん(4)

 世間ではよく「がんの手術はステージⅢまででステージⅣ(他臓器に遠隔転移している)は手術の対象外」といわれています。しかし大腸がんでは必ずしもそうではありません。

 治療ガイドラインによれば、原発巣・転移巣ともに切除可能なら「原発巣の根治切除を行うとともに遠隔転移巣の切除を考慮する」となっています。また転移巣の切除が不可能でも「他の療法では制御困難な原発巣による症状があり、過大侵襲とならない切除であれば」原発巣の切除を強く推奨しています。

 その場合、転移巣がまだ残っていますが、そちらは抗がん剤で叩くことになります。根治の可能性は低いものの、それなりの延命効果は期待できるようです。

 転移先は肝臓がもっとも多く、次いで腹膜、肺の順です。原発巣を切除するのは、もちろん大腸がん手術の専門医ですが、肝転移や肺転移の切除は、それぞれの臓器の専門外科医が当たります。ただし、抗がん剤に関しては、大腸がんの細胞が転移先で増殖したのですから、大腸がんの処方に準じて行われます。

 手術の順番はどうなるのでしょうか。

 治療ガイドライン(2019年版)には、肝転移は患者の状態に応じて「同時切除」か「異時切除」かを判断せよ、と書かれています。体力のある患者なら、大腸と肝臓の手術を1日でやってしまうこともあるわけです。ただし、どちらの予後(余命)がいいかに関する、確たる根拠はないようです。一方、肺転移ではまず原発巣を切除し、日を改めて肺をやるのが一般的としています。

 肝臓と肺の両方に転移がある場合でも、まだ望みがあります。「切除により長期生存あるいは治癒が得られることがある」として、可能であれば手術を「弱く推奨」しています。ただ両臓器に転移がある患者の多くは、脳や骨など別の臓器にも転移していることが多く、その場合は手術の対象にはなりません。

 腹膜転移(腹膜播種)は程度によります。原発巣付近のみ、あるいは離れた部分でも少数の転移があるだけなら、原発巣と一緒に切除することを強く推奨しています。しかし、多数の転移がある場合は「切除効果は確立されていない」としており、手術を推奨も否定もしていません。

(永田宏/長浜バイオ大学コンピュータバイオサイエンス学科教授)


関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る