五輪マラソン開催地変更より深刻…観光業界を悩ます「嵐ロス」

五輪マラソン開催地変更より深刻…観光業界を悩ます「嵐ロス」

 2020年東京五輪のマラソン競技が、開催日程を変えずに札幌で実施される可能性が高まっている。大会最終日に行われる男子マラソンは、メインスタジアムの閉会式で表彰を行うのが通例。それを覆して表彰も札幌でやる案が浮上しているようだ。

 トップランナーの迫力ある走りを沿道から見守ろうと考えていた東京のファンには残念な結果になりそうだ。

 東京で実施する競技が減れば、ホテルや観光業界もがっかりだろうが、大手ホテルの関係者は「それよりも大きいのは“嵐ロス”です。アイドルグループの嵐が活動を休止する2021年は、旅行関連会社の業績が大幅に落ち込むと予想されています」と言う。

 嵐は先週土曜日(16日)までの3日間、マラソンが行われる札幌でコンサートを開催。15万人を動員した。期間中は市内のホテルが満室となり、小樽や千歳など周辺都市で宿を確保したファンも少なくなかったという。地元もバス会社は新千歳空港から会場の札幌ドームまでの便を増やし、ドームの最寄りの地下鉄駅では駅員を増員して対応している。

「嵐のファンは、コンサートが開催されるとなれば、全国から駆けつけます。コア層はアラフォー世代なので、20代の学生と違ってお金がある。旅費と宿泊費で10万円ぐらい払うことになっても平気で、ドッと押し寄せるのです。こんなグループは、ジャニーズ内はもちろん、ほかのアイドルグループを探しても皆無。観光業界への貢献度はピカイチです。もっとも、期間中はほかのイベントを開けなくなるので、学会を運営する会社などは、一日も早く嵐のスケジュールを入手しようと必死です」(前出の関係者)

 実際、宮城スタジアムで8年ぶりに行われた15年9月のコンサート期間中は、複数の学会が日程変更を余儀なくされ、タモリの名前を冠したヨットレースも中止となった。この時は4日間で21万人を動員。村井嘉浩知事は「93億円の経済効果が見込まれる」と試算していた。

 マラソンはどこになってもいいから、五輪の反動で確実に落ち込む21年は活動を続けてほしい――これが業界の総意だそうだ。


関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る