【目からうろこ 山手線トリビア】#4

 日本の鉄道は、初期の鉄道行政を担った井上勝が鉄道国有論者であったため、官設官営が基本であった。しかし、政府の財政が窮乏し、やむなく「日本鉄道」に東北地方への鉄道建設を認めた。「日本鉄道」は、政府からの手厚い保護を受けたこともあり、事業としての収益性の高さを示すと、各地に私設鉄道の建設ブームが起こった。

 官設鉄道の建設が滞ったこともあって、明治22(1989)年には延長距離で官鉄886キロメートルに対し、私鉄942キロメートルと官設と私設の比率が逆転。日露戦争後の明治38(1905)年には官鉄2465キロメートルに対し、私鉄5231キロメートルと、私鉄が官設の2倍以上の営業距離を持つまでになっていた。

 井上は鉄道国有化を主張し続けたが、国会議員の多くが私設鉄道の株主である家族や資本家、地主であるため、実現しなかった。しかし、日露戦争において国内の鉄道輸送の一貫性が必要と考えた軍部や、主要幹線が多数の私鉄に分割された状態に不便を感じた財閥が鉄道国有化に舵を切り、紆余曲折を経て明治39(1906)年3月に鉄道国有法案が成立した。

 これにより五大私鉄(日本、山陽、九州、関西、北海道炭鉱)など計17社が国有化されることになり、この年の10月から翌年10月までの1年間で4560キロメートルを超える私鉄線が官設鉄道に組み込まれることとなった。

■国有化前に駆け込みで新駅開業

「日本鉄道」は明治39年11月に国有化されたが、その前日に原宿駅を開業、恵比寿駅も現在位置に移転して旅客の取り扱いを開始した。「甲武鉄道」はその1カ月前に国有化されているが、やはり国有化直前の9月に電車の駅として代々木駅(山手線にまだ駅はない)、水道橋駅、東中野駅を開業している。

 国有化当時の山手線は、メインは貨物列車であった。電化はされておらず、旅客列車もまだ蒸気機関車が客車を引いており、品川〜赤羽間を1日たった9往復運転していた。国有化後の明治42(1909)年10月、鉄道院は全国の官設鉄道線に路線名を制定。山手線は東北線の部に組み入れられ、品川〜池袋〜赤羽間が山手線本線、池袋〜田端間が山手線支線となった。

 山手線が東北線の支線扱いと聞くと、違和感があるが、それは現在の環状運転をしている運転系統の「山手線」として見ているからだ。路線としての山手線は品川〜新宿〜池袋〜田端間のみ(池袋〜赤羽間は現際は赤羽線)で、路線としての山手線を開業したのは日本鉄道であるから、建設の経緯から見ても、「日本鉄道」の本線をルーツとする東北線の部に組み込むことは、当時としては当然だったのだろう。  =つづく

▽間貞麿(あいだ・さだまろ)/交通ジャーナリスト
1953年、福岡県生まれ。早大一文日本史専攻卒。中学から大学まで鉄道研究会に所属。昭文社で地図・ガイドブックの編集者を経て独立。旅や交通をテーマに取材、執筆活動を続けている。