新型コロナウイルスの感染拡大で全国の小中高の臨時休校が始まって20日以上が過ぎた。終業式も卒業式もなく部活も禁じられ、もっぱら自宅でスマホゲームで時間をつぶす子供たちは多い。なかには、それにはまる場合もある。ゲーム依存症に陥ることはないのか。

「志望校に合格したご褒美にスマホを買ったのが失敗だったかもしれません。スマホゲームにはまっていて注意するといったんはやめるのですが、すぐに再開するようになって……。ゲーム依存症になっているのでは、と主人も心配しています」

 こう言うのは、長男が都内の有名私立中学に合格した30代のA子さん。楽しみにしていた3月の海外旅行や、長男が所属していたサッカークラブの試合なども新型コロナの感染拡大で全て中止。共働きの両親の目が届かないなか、暇を持て余した長男がスマホゲームにはまったという。

「朝から晩まで10時間近くゲームをしています。公園でのボール遊びは禁止だから友達が集まっても各自がゲームをしているだけ。夜遅くまでゲームをして昼まで寝て体も動かさない。『学校が始まれば変わる』と期待していますが大丈夫でしょうか」(A子さん)

 こうした例はA子さんの長男だけのことではない。情報セキュリティー企業「デジタルアーツ」が2019年に発表した調査によると、日本全国の10〜18歳で携帯電話を持つ子供のうち94・5%がスマホを持っていて、小学生は90・8%、中学95・6%、高校生で97・1%だという。その多くはゲームを楽しんでいる。久里浜医療センターのネット依存専門外来担当の松﨑尊信精神科医長が言う。

「ただし、インターネットやゲームが好きだということとやり過ぎとは分けて考えた方がいいでしょう。親世代はこれらの使用に批判的な人もいますが、ストレス解消できるなど良い点もある。よく『何時間やっていれば依存症なのか』と聞かれますが、ゲームの利用時間と依存症の明確な因果関係はまだ分かっていません。注意してやめられる間は健康でしょう」

 なお、昼夜逆転などの睡眠の異常、1日1食しか食べないなどの食生活の乱れ、イライラや焦燥感などの心理面への影響、眼精疲労・視力低下、筋力・体力の低下、整容や入浴など衛生面の乱れといった健康状態への影響や、家族や友達との会話の減少、暴言・暴力、ネットやゲームについての隠し事、学校の成績の低下、意欲や関心の低下など人間関係にまで影響が出始めたら要注意。「医療機関などに相談することも検討した方がいいかもしれません」と言う。

 ゲーム依存症の状態が長く続くと脳の働き方が変わってしまい、ゲームに関する冷静な判断ができなくなったり、ゲームの刺激に慣れてしまってより強い刺激を求めてゲームにのめり込む。

「本来一般的に、人の脳では、社会的・理性的な判断に関わる前頭前野が、欲望や不安、恐怖といった本能的な感情に関わる大脳辺縁系よりも優位に働くため、理性的な判断ができるのですが、成長過程にある子供の脳は大脳辺縁系の働きが前頭前野より強く、ゲームにはまりやすいと考えられます。また、ゲーム依存症では、快楽などに関わる脳内の神経伝達物質のドーパミン報酬系に影響しているという研究もあります」(松﨑医長)

■実現可能な目標から始める

 なぜ子供たちがそこまでネットやゲームにはまるのか、理解できない親も多いが、いまのゲームには簡単にはやめられな いような仕組みがある。ゲームの運営会社から新しいミッションやアイテムが毎日のように通知され、ゲームを起動すると、日替わりの「ログインボーナス」でアイテムなどがもらえるほか、「ガチャ」と呼ばれるシステムにより、抽選でアイテムなどが手に入るなど、ギャンブル性もある。我が子の異変に気が付いたらどうすればいいのか?

「親はスマホさえなければ元の生活に戻ると考えてスマホを取り上げようとしますが、子供にとっては、ゲームが心の支えになっている面もあり、必ずしもうまくいきません。例えば、ゲームの記録やランキング、オンライン上で知り合った人間関係を失うことは子供には耐え難いでしょう。スマホを取り上げた結果、逆切れして暴言を吐いたり、心を閉ざしてウチに籠もったりすることがあります。家族も、子供が利用するネットやゲームについてある程度理解し、本人と話し合って時間などを少しずつ調整するようにしましょう。ゲームの利用時間を記録する、午後9時以降はゲームをしないなど、親の一方的な押し付けではなく、子供と同意した内容の約束事を決めましょう。『1日3時間まで』ではなく『利用時間を1時間減らす』といった、より実現可能な目標から始めることが大切です」(松﨑医長)

 子供は自分だけが制限されると不公平だと感じる。家庭用Wi―Fiを切り家族全員がオフラインの時間帯を設けるのも有効だ。

「ゲーム依存症の背景には孤立感、不安感、満たされない自己肯定感などが影響している場合があります。そこに注意を向け、ゲーム以外に興味を持てる場所を見つけてあげられるよう、一緒に考えていくといいでしょう」(松﨑医長)