【もぎたて海外仰天ニュース】

 今春、結婚式を予定されていた方の中には式をキャンセルされたカップルもいたことだろう。

 ただ豪シドニーに住む新婦エマ・メットカーフさんと新郎スコット・マッグズさんは3月6日、約120人を招いて結婚式を敢行。4月30日の豪版デーリー・メール電子版によると、少なくとも参列者のうち42人に新型コロナウイルスの陽性反応が出たという。

 挙式後すぐに2人は新婚旅行に出たが、旅の途中から参列者がコロナに感染したとの知らせを受け始めた。豪州で最大級のコロナクラスターとなったことに夫婦は平謝り。ちなみに夫婦の検査結果は陰性だった。

 結婚式当日、豪州ではまだ集会や移動の制限が出ていなかった。そのため披露宴では参列者同士が抱擁やキスをするなど、コロナへの警戒心が薄かった。

 幸いにも感染者42人の中で重症化した人はおらず、夫婦は胸をなで下ろしているという。