【もぎたて海外仰天ニュース】

 少女を“ピンチ”から救った! 米ジョージア大学のアメフト選手2人の親切に、大喝采が寄せられている。

 米ABCテレビ系の地方局WBS−TV(6月21日付電子版)などによると、ジョージア州アセンズに住む女性、クリスティー・マイヤーズさんは6月19日、娘のアベリーさんを連れて歩いていた。その際、娘が急にトイレに行きたくなったという。

 かなり切羽詰まったピンチで、クリスティーさんは近くにあったファストフードチェーン「サブウェイ」に。トイレに直行しようとしたら、店員から「トイレのご使用はお客さまだけに限らせていただいています」と止められた。

 クリスティーさんはその時、ちょうど財布を持っていなかったので、そのまま、店を出ようとした時、カウンターに並んでいた男性2人連れが店員にこう言ったという。

「私たちがこの子にクッキーを買ってご馳走しますよ。それなら“お客さま”だよね?」

 クリスティーさんはお礼もそこそこにアベリーさんを連れてトイレにダッシュ。何とか“悲劇”は回避された。

 トイレから戻ると、まだ2人は店にいた。改めてお礼を言って、おしゃべりを始めた。2人はジョージア大学のアメフトの選手、ラタビアス・ブリニさんとジェイレン・ジョンソンさんだった。

 クリスティーさんは、娘と2人のスリーショットと共に、この日の出来事をフェイスブックに投稿。

「ささいな行為だと思う方もいるかもしれませんが、本当にありがたかった。まだ自分の子供もいない大学生が、さりげなく、何の躊躇もなしに私たち親子を助けてくれたことに、深い印象を受けました」などと記した。

 フェイスブックの友人にうれしい出来事を報告するつもりで書いたこの投稿、人びとの琴線に触れたようで、爆発的に拡散。

 2日間で「いいね!」がなんと28万以上つき、シェア13万。2万7000以上のコメントが殺到している。