今年の夏は「酷暑」となりそうだ。今月24日の気象庁の発表によると、地球温暖化の影響で、平年よりも厳しい暑さが続くという。29日も、東京や大阪をはじめ、全国的に気温30度を超える真夏日を記録。昨年6月の東京の平均気温は21・8度だったが、今年は同23・1度となっている(29日現在)。

 ヤバイのは、コロナ禍の影響で、今年はマスク着用による熱中症リスクが高まることだ。

 健康機器メーカー「タニタ」が発表した調査(6月実施、全国の15〜69歳の男女1000人対象)によると、75%の人が夏でもマスクを着けると答えている。そのうち60・7%は猛暑日でもマスクを着けると回答し、42・4%が屋外で運動するときも着用するとしている。

 新型コロナウイルスの感染が怖くて、たとえ暑くてもマスクを手放さない、という人が60%もいるのだ。しかし、当然、夏のマスク着用には危険が伴う。体感温度や心拍数が高くなったり、のどの渇きに気付かないまま熱中症を引き起こすこともある。

 マスク着用の影響か、すでに熱中症で倒れる人が急増している。

 消防庁によると、今年6月以降に熱中症で救急搬送されたケースは、今月21日までに4241人。昨年同期間の2879人に比べ、約1・5倍を記録。マスクをしたままバタバタ倒れる人が続出しているのだ。

 気象庁気候情報課の担当者は、「今年の6月は昨年よりも暑く、熱中症で搬送された人が多いのにも関係があるでしょう。今後、7〜8月はもっとも気温が高くなるので十分に備えてほしい」と語った。

 厚労省は「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイントをまとめたリーフレットをHP上で公開。注意を呼び掛けている。のどが渇いていなくてもこまめに水分補給し、屋外で周りの人と2メートル以上離れたらマスクを外して休憩することなど、コロナ版「暑さ対策」を発信している。コロナも怖いが猛暑も危険――。今年は大変な夏になる。