【アフターコロナ 新サバイバル生活の知恵】#2

 キャッシュレス決済のポイント還元は6月30日で終了しました。

 7月以降もポイント還元などで、お得感を味わえるのはスマホ決済です。私もしぶしぶPayPayを始めました。コンビニにあるセブン銀行のATMで1週間に1回、現金1000円をチャージしています。レジでは、スマホのアプリで残高を確認しながら、バーコードを見せてピッとするだけです。

 引き落とし先はクレジットカードや銀行口座に設定できますが、私のようにセキュリティーが心配な人は、現金をチャージする方法もあります。

 毎月、決まった金額だけチャージすれば、家計簿代わりになり節約できます。

 ところが現金でチャージする場合だと得しないケースもあります。LINE Payは、5月からは、「Visa LINE Pay」クレジットカードから引き落とす場合のみポイント還元されるようになりました。

 PayPayの場合は、セブン銀行のATMを使い現金でチャージでき、還元もあります。

 しかしクレジットカードは、ヤフーのクレジットカードからの引き落としのみで還元されます。どちらの場合も基本的に0・5%から1・0%還元されます。さらに、「1カ月の利用が100円以上が50回以上」や「10万円以上を超える」などの条件をクリアすれば1・5%の還元率となります。でも、コンビニマニアでなければ、50回以上の買い物や、10万円以上の金額を超えることはなく、1・5%還元は難しいでしょう。

 LINE Payの場合は、現金チャージの還元率はありませんが、過去6カ月間の利用回数などで会員ランクが変わります。ランクに応じて利用時に1%から3%が還元される仕組みです。

 ただ心配事がちょっとあります。スマホが古いせいか、充電が早く切れてしまうような……気もします。でもそんなことを言っていられません。今月からは1円でも得するような計算をしていかないと生き残れません。

(柏木理佳/生活経済ジャーナリスト)