【もぎたて海外仰天ニュース】

 道路脇でホームレスの男性と一緒に食事をする警察官の写真が、米国で話題になっている。

 米ABCテレビ系の地方局WCJB−TV(7月9日付電子版)などによると、その写真をフェイスブックに投稿したのは、米フロリダ州レイクシティーに住むブラウニー・リヨンズさん。7月2日、夫と一緒にレイクシティーをドライブしていた時に、パトカーを止めて出てくる警察官に気付いた。

 何をするのか? と好奇心から車を止めて見ていると、警察官はトランクから折り畳みのイスとファストフード・チェーン「チックフィレイ」の袋を取り出し、近くにいたホームレスの男性に近づいて行った。そして、そこに食べ物を広げ、2人は一緒に食事を始めたのだ。

 食事に困っていたホームレスのために、警察官が食事を買ってきたんだ、と気付いたブラウニーさんは、誰からも褒められることのない警察官の無償の親切に感動。思わず、スマホでその様子を撮影した。フェイスブックに投稿されたこの写真は、急拡散。7月13日現在、約4500人からシェアされている。

「この警察官のことは知りません。警察の人かどうかも、どうでもいいのです。人知れずに良いことをしている人を、みんなに知ってほしかっただけです」

 その後、親切な警察官はコロンビア郡保安官事務所のシェーン・フートさんであることが判明。それに気付いたのは、ブラウニーさんの息子だった。一緒に学校に通っていたそうで、写真を見て「まったく、シェーンらしい」と語ったそうだ。