巨人助っ人4人は“超優良” 鹿取GMは残留交渉が最大の任務

 巨人が17日、中日との後半戦開幕戦を勝利で飾った。先発のマイコラス(28)が、投げては7回を6安打1失点。「全ての球種が良かった。積極的に振ってくるので低めに集めた」と自画自賛すれば、打っては六回1死満塁から自ら中前に2点適時打を放ち、リーグ3位タイの8勝目(4敗)を挙げた。ヒーローインタビューでは「妻から幸運を呼ぶクッキーを作ってもらったおかげだね」と美人妻で有名なローレン夫人(29)の名前を出して白い歯を見せた。高橋由伸監督(42)も「粘り強く、いい投球をしてくれた。打つ方でもタイムリーを見せたし、あれで自分を楽にした」と称賛である。

 打の助っ人、三塁が本職のマギー(34)は、球宴前の最終戦に続いて、この日も「2番・二塁」で出場。2本の二塁打で打率を・299に上げてきた。今季加入し、村田とのレギュラー争いを制したマギーは、前半戦は正三塁手として打率3割をキープし、チームを牽引。5月には第87代4番に座った。打線強化のため、急造二塁手として出場するが、慣れない守備も無難にこなす。

 九回は守護神のカミネロ(30)が締めた。絶対的セットアッパーのマシソン(33)を含めた一軍の4助っ人は超優良。近年になかった状況だ。さるチーム関係者がこう言う。

「マイコラスは2年契約の2年目。巨人6年目のマシソン、新加入のマギーとカミネロはいずれも1年契約。この4人は全員、今季いっぱいで契約が切れる。毎年のように外国人選手が働かないと揶揄されてきた最近の巨人にあって、一軍の助っ人4人全員が1年間フルに活躍した年はない。それだけに、この4人には来年以降もぜひ残ってほしい。特にメジャー復帰がささやかれるマイコラスとマシソンをいかに説得して引き留めるかが、新GMの重要な仕事になります」

 補強より重要な残留交渉、新GMの腕の見せどころである。

関連記事

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索