東京五輪では“侍4番”最有力も DeNA筒香はメジャーへ準備着々

 侍ジャパンの監督として20年東京五輪を戦う稲葉監督としても、気になるところではないか。今年のWBCで「日本の4番」を務めたDeNA筒香嘉智(25)のことだ。

 野球の五輪競技復活が決まった昨年8月に「日の丸を背負ってやる責任感がある。出させていただける機会があれば、全力でプレーしたい」と話していた筒香は、東京五輪が行われる3年後は28歳。脂の乗り切った時期で、かつ試合は本拠地である横浜スタジアムで行われる。順当にいけば4番の最有力候補だ。

 一方で、筒香にはかねてメジャー志向があるといわれ、近い将来のメジャー挑戦も囁かれている。稲葉監督は先日の監督就任会見で、「オリンピックはたぶん、メジャーは参加しない。なかなかそこについては難しいのかなと思います」と話していた。MLBが主催し、シーズン前に開催されるWBCですらメジャーリーガーの招集が難しいのに、シーズン中に行われる五輪はなおさらだ。筒香が五輪開催までにメジャー移籍していれば、五輪参加は難しいとみるべきだろう。

 当の筒香はここ最近、メジャーに関する発言をしていない。横浜OBが言う。

「筒香は明るい性格ですが、いわゆる『お山の大将』タイプではない。ただ主将になった一昨年からナインを引っ張り、就任3年目を迎えた今年はその意欲がさらに増してきたと評判です。先輩、後輩にかかわらず、時に励まし、気になることがあれば指摘もする。開幕戦で打ち込まれた中継ぎの須田には『まだ143分の1ですから』とフォロー。先発左腕の今永が試合中に足をつった際には、自らかかりつけのトレーナーのもとへ連れていった。一方で正捕手の戸柱とは試合後、頻繁に意見交換している。戸柱は筒香よりも1歳年上ですが、配球に限らず、『投手が分かりきっていることを言っても意味がない』というふうに、投手への声の掛け方について話すこともある。自分が抜けても大丈夫なようにしていると感じるのです」

 主将としての献身ぶりを見るにつけ、メジャー挑戦のタイミングが近づいていると、周囲は見ている

関連記事

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索