サファテ激怒から一夜 バンデンが8回13KでSB“内紛”回避

サファテ激怒から一夜 バンデンが8回13KでSB“内紛”回避

 昨日の今日だけに、工藤監督も胸をなで下ろしたんじゃないか。

 2日のオリックス戦に勝ち、楽天から首位を奪取したソフトバンク。中でも気を吐いたのが先発のバンデンハーク(32)だ。8回119球を投げ、13奪三振、1失点と好投した。

 ソフトバンクは前日1日、延長十二回に守護神のサファテ(36)がサヨナラ弾を被弾。するとサファテは、「先発陣が連続で早いイニングに降りられると、リリーフにツケが回ってくる。みんな疲れているんだ! 先発陣は何かを感じてほしい」と、不甲斐ない先発投手たちをやり玉に挙げたのだ。

 サファテ自身はマジメで、むしろ投げたがりの性格。自身の不満というよりはブルペン陣の気持ちを代弁したのだろうが、内容が内容だ。一歩間違えれば内紛の火種となりかねなかった。

 そんな危機を救ったバンデンハークは、今季17試合で100球未満の降板はわずか4試合という力投派。まさかサファテも、「明日はバンディだから、早いイニングでの降板はないだろう」と計算した上で過激な発言をしたわけじゃないだろうが……。

 いずれにせよ、首脳陣と先発陣は、バンデンハークに足を向けて寝られない。

関連記事

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索