“未完の大器”セレッソ杉本にW杯最終予選1トップ抜擢の目

“未完の大器”セレッソ杉本にW杯最終予選1トップ抜擢の目

 日本代表経験ゼロの点取り屋が、ハリルホジッチ監督の孝行息子になるかもしれない。Jで首位を走るC大阪のエースFW杉本健勇(24)だ。

 長らく「未完の大器」と呼ばれてきた。身長187センチ、体重79キロのフィジカルを誇り、高い打点のヘディングシュートは威力十分。足元のテクニックも高く、スピードに乗ったドリブル突破も迫力がある。「高い」「速い」「うまい」の三拍子そろったストライカーとして12年ロンドン五輪代表に「最年少の19歳」で選ばれた。しかし不完全燃焼に終わった。6試合中4試合に出場して先発は1試合だけ。ノーゴールに終わって決定力不足の烙印を押された。

■C大阪新指揮官と好相性

「いくらポテンシャルは高くても、これまではフィニッシュの際のツメが甘く、ゴールという結果につながらなかった。今季からC大阪の指揮を執るユン・ジョンファン元鳥栖監督は、まずは前線のターゲットにボールを当てるカウンターサッカーを志向し、これが1トップを任された杉本にフィットした。昨季はトップ下や中盤のサイドなどで起用されることもあったが、今季は『ゴールを狙うことに専念できる』ポジションを与えられ、これで杉本の潜在能力が開花した」(サッカージャーナリスト・六川亨氏)

 7月22日の浦和戦で開始6、8分に連続ゴールを決めて浦和選手の出はなをくじき、4―2の圧勝劇に貢献した。現在11ゴール。浦和FW興梠の12ゴールに次いで得点ランクは堂々の2位である。

「ハリルホジッチは15年5月、国内組選手を対象とした合宿に杉本を招集したが、それ以降は合宿に呼ぶことは一度もなかった。しかし、今季の活躍ぶりを高く評価し、今月31日のW杯最終予選オーストラリア戦、9月5日のサウジアラビア戦の日本代表メンバー入りを決めた。C大阪を通して本人の耳にも入っている」(サッカーライター)

 ハリル日本は、1トップに定着した独ブンデスリーガ1部ケルンのFW大迫勇也(27)が、シーズン前合宿の練習試合で右足首を痛め、クラブが「右足首の靱帯を損傷してチームを離れる」と公式にアナウンス。20日のブンデスリーガ開幕戦の出場が微妙な情勢となり、オーストラリア戦も準備不足で出場できない可能性も出てきた。

 杉本が「今の好調ぶりを維持すれば、いきなりW杯予選に抜擢されても十二分に戦えるはず」(六川氏)。それなりに期待してもよさそうだ。

関連記事

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索