15番痛恨ダブルボギーで予選落ち 宮里藍に見えた力の限界

15番痛恨ダブルボギーで予選落ち 宮里藍に見えた力の限界

【全英リコー女子オープン】

 本場スコットランドのタフなリンクスコースにしてはスコアが伸びている。天候が大荒れでない証拠だ。単独トップに立ったキム・インキョン(29=韓国)は通算11アンダーまでスコアを伸ばし、予選通過は1アンダーまでの77選手だった。

 初日イーブンパー73位タイ発進の宮里藍(32)は1つスコアを縮めることができれば決勝に進めたが、74とスコアを崩して自身最後の全英女子オープンは予選2日間で終わった。

 この日は出だし1番(パー3)からつまずいた。ティーショットがグリーン左のバンカーにつかまると、次打はピンによらずボギー先行。前半は5番バーディーで1つ取り戻したが、直後の6番がボギー。そして8番は1メートルのパーパットがカップに蹴られて3つ目のボギーとして通算2オーバーでターン。折り返して11番、13番で6メートル前後のバーディーパットを決めてスタート時のイーブンパーまで戻した。

 悪夢は15番(パー5)だった。2打目がブッシュにつかまると、3打目は出すだけ。グリーンを狙った4打目が左サイドのクリークにつかまり、6オン1パットの痛恨ダブルボギー。これで予選突破は無理と悟ったようにサバサバとした表情に。17番、18番とバーディーチャンスにつけながら決めることができなかった。

「難しいコンディションの中でベストを尽くしたが、ついていないシーンが多かった。いいストロークをしてもカップに入れることができずグリーン上で苦戦した。重いグリーンに対応できずに予選を通過することができなかった」(宮里)

■父親入院のアクシデントも

 今週は会場入りして火曜日のプロアマ戦で帯同する父親がコースで突然倒れて救急車で病院に担ぎ込まれるというトラブルもあり、少なからず動揺があった。だが、予選落ちはゴルフの衰えに他ならない。昔のようなハツラツとしたエネルギーも藍からは消えている。

 引退会見ではパッティングで手が動かなくなるイップスだったことを告白している。いいストロークだろうと、重いグリーンだろうと手がスムーズに動かなければチャンスのパットを決めることはできない。すでにメジャーで戦えるだけの力はない。2日間で11バーディーを奪った23歳の鈴木愛が「バーディーを取ることができれば上に行くチャンスがある」と言えば、野村敏京(24)は「風はあるが、グリーンが硬くないので明日も攻めていく」と、2人とも通算4アンダー21位タイにつけている。

 その他、日本勢は4アンダー上原彩子(33)、2アンダー西山ゆかり(35)、1アンダー川岸史果(22)が決勝進出。4オーバー堀琴音(21)は予選落ち。

関連記事

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索