ド軍デビュー戦で10K ダル“史上最速1000奪三振”秒読みへ

ド軍デビュー戦で10K ダル“史上最速1000奪三振”秒読みへ

 ドジャース・ダルビッシュ有(30=前レンジャーズ)が、奪三振の量産態勢に入った。

 移籍後初登板初勝利となった4日(日本時間5日)のメッツ戦で10奪三振。今季5度目の2ケタ奪三振をマークし、計158奪三振とした。

 サイ・ヤング賞候補にノミネートされた2013年にはメジャートップの277個の奪三振。これまでスコアブックに多数の「K」(三振)を並べ、今回の登板でメジャー通算970奪三振。通算1000奪三振までカウントダウンに入った。

 ダルは先のメッツ戦まででメジャー通算123試合に登板。驚異的なペースで奪三振を積み重ねており、順調なら8月中に大台到達も可能だ。リーグをまたいだ移籍のため、今季のダルはサイ・ヤング賞を筆頭に個人タイトル受賞の権利はなくなったものの、ケリー・ウッド(カブスなど)の持つ通算1000奪三振の史上最速記録(134試合)の更新も見えてきた。

 今後、登板が予想される対戦相手には大型扇風機みたいな打者がゴロゴロいる。ドジャースはレギュラーシーズン終了まで先発6人制を敷くとみられる。当面は中5日の登板になり、次回は10日のダイヤモンドバックス戦。これ以降はタイガース戦、ブルワーズ戦と続く。

 ア・リーグのタイガースはともかく、ブルワーズ(1075個)とパドレス(999個)はチーム三振数でリーグワースト1、2位を争っている。9月に入ってからは再びパドレス戦、ロッキーズ戦(959=同4位)の登板が予想され、残り30に迫った通算1000奪三振は遅くとも通算128試合目となる9月7日のロッキーズ戦までに達成する見込みだ。

 今季はタイトルと無縁でも、ナ・リーグ西地区の老舗球団で歴史に名を刻みそうだ。

関連記事

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索