沢村が二軍戦登板も…巨人が中継ぎ補強で狙う中日・谷元

沢村が二軍戦登板も…巨人が中継ぎ補強で狙う中日・谷元

 先月31日に日本ハムから金銭トレードで中日に移籍したばかりの谷元圭介(32)が6日、巨人打線を抑えた。

 デビュー戦となった4日の試合は1回1失点だったが、この日は1点リードの八回に4番手として登板。1イニングを無失点に抑え、移籍後初ホールドを挙げた。

 日本ハムの選手として監督推薦で先月の球宴に出場。オールスターに出場した選手がシーズン中にトレードされるのはNPB初の珍事だったが、新天地の中日では、早くも勝ちパターンのセットアッパーを任される。167センチ、72キロと小柄ながら、最速150キロのキレのいい直球が武器。これに垂涎の的なのが巨人だという。

「ここ3年は50試合以上に登板し、今年6月に国内FA権を取得。経験豊富で球宴に出るほどのセットアッパーはどこだって欲しいだろうが、勝利の方程式がマシソン、カミネロの2人しか固定できず、六、七回の中継ぎ陣に苦しんでいる巨人の評価が特に高い。左腕のコンディション不良で離脱している山口鉄也は、長年の勤続疲労の影響とみられ、今後アテにはできない。この日、二軍戦で5カ月ぶりの実戦登板を果たした沢村もそう。中日へ移籍する前から日本ハムの谷元、宮西ら、補強ポイントのセットアッパーは、巨人の調査対象だった」(球界関係者)

 日本ハム時代の今季の年俸は1億円。中日の球団関係者が明かす。

「今年は接戦の時のリリーフとしてフル回転してもらうが、来年以降はFA移籍も自由というスタンス。カネにシビアな落合GMが退団しても、球団には中継ぎ投手に1億円は高いという感覚がある。昨年の大島、平田のように強く慰留はしないとみられます。もし谷元がFA移籍すれば、その球団からカネか人的補償選手が取れる。逆においしいという意見もあります」

 巨人は昨オフ、FAで同時に3人を獲得。その中でソフトバンクから中継ぎ左腕の森福を3年総額4億円超で引き入れたものの、期待された勝利の方程式入りどころか、左のワンポイントとしても苦しいマウンドが続いている。

 この日、九回に登板した中日の岩瀬仁紀(42)がプロ野球最多となる950試合登板を達成したが、巨人の一部関係者は、オフのFA戦線に備え、谷元の投球を凝視していたに違いない。

関連記事

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索