サニブラウン200m決勝進出 ボルト抜き史上最年少記録

サニブラウン200m決勝進出 ボルト抜き史上最年少記録

 日本を代表するスプリンターが表彰台に望みをつないだ。

 陸上の世界選手権(ロンドン)は9日(日本時間10日)、男子200メートル準決勝を行い、サニブラウン・ハキーム(18)が20秒43(向かい風0・3メートル)で組2着となり、10日の決勝に駒を進めた。

 18歳5カ月でのファイナル進出は世界最速男ウサイン・ボルトの18歳11カ月(05年ヘルシンキ大会)を抜いて史上最年少記録。日本勢では03年パリ大会で銅メダルを獲得した末続慎吾以来、14年ぶりの快挙である。

 冷たい風が吹き付ける中、スタートラインに立ったサニブラウン。スタートでの出遅れを取り戻すように、ぐんぐんと加速し、100メートル過ぎには2番手に浮上。直線に入ってもスピードが落ちることなく、世界歴代2位の記録(19秒26)を持つヨハン・ブレーク(ジャマイカ)の猛追を振り切ってゴールした。

 レース直後はしばらく険しい表情を崩さなかったが、電光掲示板でタイムを確認すると安堵したように笑みがこぼれた。スタンドの母・明子さんと弟から声をかけられると、笑顔で手を振って応えた。

 サニブラウンは「ラッキーという感じ。最初の100メートルに集中して、いい具合に(スピードに)乗れて出られたのは良かった」と自画自賛。決勝進出については「あまり実感がないが、しっかり戦えるよう、もう一段階上げていければ」と話した。

 決勝では400メートルとの2冠を目指すファンニーケルク(南アフリカ)、マクワラ(ボツワナ)ら19秒台の自己ベストを持つトップランナーとの争いになる。伸び盛りのサニブラウンは、どこまで食い込めるか。

 なお、飯塚翔太(26)は20秒62(追い風2・1メートルの参考記録)で、組5着に終わり、準決勝で姿を消した。

関連記事

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索