智弁和歌山37年指揮 高嶋仁監督に聞く「勇退報道と後継者」

智弁和歌山37年指揮 高嶋仁監督に聞く「勇退報道と後継者」

 11日に登場する智弁和歌山(和歌山)を率いる高嶋仁監督(71)は、80年から37年間指揮を執る大ベテラン。春夏通じて3回の優勝実績があるが、12年以降3大会初戦未勝利が続いている。これまで何度か勇退報道がスポーツ紙を賑わせたが、本人はどう思っているのか。今春、OBで、元阪神の中谷仁氏(38)がコーチに加わったことも併せて聞いてみた。

 ――ここ数年、初戦突破できずにいます。

「理由は簡単、相手が強いから。うちには絶対的な力がない。大阪桐蔭みたいな選手がいない。和歌山でもトップの選手は全部(引き)抜かれますから。そこが歯がゆい」

 ――引き抜かれてしまうのはなぜ?

「向こうは(学費)免除とか特待生(制度)があるけど、うちは一切ない。大阪とか兵庫から来るとして、安く見積もっても月に12万〜13万円はいります。うちには寮もないから、自分でマンションを借りて授業料を払って来るわけですから、サラリーマン家庭では無理です。うちに限らず、和歌山県のどこの高校が出ても勝てないと思う。ここ5、6年苦しんでいるのは、そういう経済的なもんですよ。そこは太刀打ちできません。学校が出してくれるなら別ですけど」

 ――学校に掛け合わないんですか?

「掛け合ってもしゃあない。それで今までやってきたから」

 ――潮目が変わった原因は?

「母子家庭が増えてきたのは、感じています。絶対にうちなんか来ませんよ、お金がいりますから。これから野球が強くなるのは大阪桐蔭みたいにトップチームをつくれる学校。これまでは、何とか引っぱたいてシゴキまくってきたけど、今はそんなんできない。手出したらいかんと聞いていたから、(08年に)足出したら、3カ月謹慎。まあ、その蹴飛ばしたやつ(岡田俊哉)は今、中日で投げとるけど」

 ――いわゆる鉄拳制裁はできないご時世ですよね。

「もう、変わらないかんなとは思ってるんですけど、僕も昔の人間ですから、ついバッと言うてしまう。だから、もう指導者が若いのに代わらないかんですね。(選手の年代が)もう孫ですから。(大阪桐蔭の)西谷(浩一)監督と話していると、自分とはちょっと違うなと思う。彼は選手のハートの部分をうまくつかんで、失敗しても怒らずアドバイスをする。僕らは『あかん、やり直せ!』という感じですから。ホンマにええ指導者になったなと。せめて“夜”は負けたらあかんと思って、この前の抽選会後、(明徳義塾の)馬淵(史郎)監督と西谷と食事に行って、ボロカスに西谷を“口撃”しましたけどね(笑い)」

 ――数年前には勇退報道も出ました。

「実際は(マスコミに)辞めるなんて言うてません。でも、うちの中の人事を見たら、そう見えたんちゃいますか。部長も代わって、ノックも若い子がする。横浜(高校)の渡辺(元智)さんも引退表明。ボチボチ交代やと思ったんでしょうね。気持ち的には若い子に任せたいと思っていました。でも、理事長が『ちょっと待ってくれ』と。学校が(来年4月で創立)40周年、(夏の甲子園大会が)来年100回大会がある……いろいろチラつかせてくるんです(笑い)。そんなんで2、3年延びました」

■「嫁さん孝行せんと」

 ――11年にはOBで、元ロッテの喜多隆志さんが部長として入りましたが、今年3月に退任しましたね。

「(大阪の)興国高校に行きましたよ。それで今度、中谷が来たんです」

 ――中谷コーチのことはずっと誘っていたんですか?

「大学からノンプロに行って、というルートをつくっていたんですけど、プロに行きたいって言うから、それで計画が狂ったんです(笑い)。十何年たってやっと来ました。もう、いつ代わってもいいんですけどね。あとは学校側がどう言うかだけ。ただ、気掛かりな点は給料が安いこと。プロでやってきた人からしたら、どうしても安いから『そこだけは辛抱せえよ』と言ってるんですけど」

 ――中谷コーチが来て変わりました?

「変わってきましたね。彼が実際、プロで経験したことを教えています。たまにピッチャーの球を受けて『田中マー君とええ勝負するぞ』と言われたら、気分も乗ってきますやん。それは僕が真似できんところです。あとはプロがやっているトレーニングを取り入れたりね。そういうのを見て、年寄りがやっとったらあかんなという気になります。ずっと『いつ辞めさせてくれんねん』という感じでやってきた。気力はあるけど、もう70(歳)越えたら体力がね。だんだん欲もなくなってきた。今までは(甲子園の通算)最多勝とか目標があった。それも達成してもうええと思ったら、(春夏合わせた)監督単独での甲子園出場記録があると言われて。福井商業の北野(尚文=元)監督の36回だと。今回それに並んで。キリがないです。俺かて野球の後の人生がある」

 ――もし勇退したらやりたいことは?

「ノルウェーとアフリカに行きたいね、家内と2人で。嫁さん孝行せんと、野球も落ち着いてできへん。どこの監督もそうでしょうね。だから、若い監督には『嫁さん孝行せえよ』と言ってます」

関連記事

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索