暴行報道に関係者違和感 日馬富士と貴ノ岩“本当の関係”

暴行報道に関係者違和感 日馬富士と貴ノ岩“本当の関係”

「最初の報道には違和感しかなかったですね」

 こう話すのは、モンゴル力士事情に詳しいあるタニマチ筋だ。

 14日付のスポーツニッポンに端を発した日馬富士(33)の暴行事件。日馬富士が貴ノ岩(27)を「ビール瓶で思い切り殴った」ことに始まり、「素手でも30発」「灰皿やマイクでも殴った」と、次から次と横綱の狂態が報じられた。

 しかし、同席していた白鵬が「ビール瓶では殴っていない」と証言するや、報道も一変。日馬富士自身も警察の事情聴取に、「素手では殴ったけど、ビール瓶は使っていない」と証言したという。

 冒頭のタニマチ筋は「そもそも、日馬富士が頭蓋骨が骨折するまで殴るはずがない」と、こう続ける。

「貴ノ岩がモンゴル勢の中で浮いていたのは事実。貴乃花親方が力士同士のなれ合いを嫌っているので、同郷の力士と距離があった。これは間違いない。でも、そんな貴ノ岩をモンゴル勢の中で一番可愛がっていたのが、誰あろう日馬富士だったんですから」

 両者のウマが合ったのか、はたまた日馬富士が孤立する後輩を見かねたのか、その理由は分からない。いずれにせよ、日馬富士は貴ノ岩を可愛がり、貴ノ岩もそんな先輩に懐いていた。

「2人で食事をすることも珍しくはなかった。日馬富士が自身の後援者と食事をする際、貴ノ岩を連れていったこともある。驚く後援者に日馬富士は『今日は貴ノ岩を連れてきました』と笑顔で後輩を紹介していた。その時も2人は和気藹々だったそうです」(タニマチ筋)

■「オレの悪口や文句なら、いくら言ってもいい」

 報道によれば、今回の事件の発端となったのは2カ月前の錦糸町のバー(東京都墨田区)。ここで貴ノ岩はモンゴル人の後輩力士に「これからはオレたちの時代だ」と言ったという。その言葉が事件当夜に問題となり、態度の悪い貴ノ岩に激怒した日馬富士が暴行に及んだ……とされている。

 別の関係者が言う。

「実際は数カ月前から、貴ノ岩はそんな類いの言葉を発していた。力士の中には『最近、テングになってないか』と眉をひそめる者もいたほどです。でも、そのたびに貴ノ岩の発言をとがめていたのが実は日馬富士なんです。横綱は『オレの悪口や文句なら、いくら言ってもいい。でも、オマエのその言い方だと他の先輩方を非難することにもなる。それはよくないことだ』と、口を酸っぱくして言っていた」

 さらにこの関係者は続ける。

「暴行があったとされる飲み会でも、再び貴ノ岩が『これからの時代は……』と懲りずに言い、日馬富士にたしなめられていたという。注意すれど聞く耳を持たぬ後輩に、つい手が出た……という可能性はあるでしょう。どんな理由であれ、暴力はいけないが、可愛がっていた後輩の頭を骨が折れるほどビール瓶で強打するほど執拗に殴るかと言えば大いに疑問です」

 事件直後、26日の鳥取巡業では白鵬、日馬富士が一緒にいるところに貴ノ岩がやってきて「昨日はすいませんでした」と頭を下げた。両者が和解したと思われる姿は何人もの関係者が見ている。

 貴ノ岩が日馬富士の蛮行に怒り心頭ならば、恨み節の一つや二つは漏れ伝わってきそうなものだが、それもない。

 真相を明らかにするためにも、貴ノ岩自身の口から当時の様子を話すべきだ。

関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索