使いたくても使えない…日ハム清宮“二軍行き”へ秒読み段階

使いたくても使えない…日ハム清宮“二軍行き”へ秒読み段階

 清宮幸太郎(18)はいつまで一軍にいられるのか。

 そもそも去る2日の一軍昇格は、外野か指名打者で起用されていた近藤が右ふくらはぎ痛で抹消されたため。近藤の離脱中にプロ初本塁打やデビュー戦からの連続試合安打記録を作る活躍を見せると、近藤の復帰直前の13日に、今度は同ポジションのアルシアが左太ももの張りで抹消された。

 こうした状況が清宮の一軍起用を後押ししていたものの、ここ最近は安打がなかなか出ず、打率1割台に低迷。20日の楽天戦では一軍昇格後初めてスタメンから外れるなど、プロの壁にぶち当たっている。

 あくまで球団は、清宮に少しでも多くの打席、守備や走塁の機会を与えたい。20日のベンチスタートについては栗山監督が「疲れが出ている。代打での姿を見たかった」と説明したが、こうした「ベンチスタートで代打で1打席のみの出場」のようなベンチを温める時間が長くなる状況は、極力避けたいのだ。

 そうなると、清宮の一軍残留は助っ人・アルシアの存在がポイントになる。アルシアは25日からの西武戦(メットライフ)での一軍復帰も視野に入れているという。

 さらに、29日からは交流戦がスタートし、セの主催試合はDHが使えない。くしくも開幕から巨人の主催試合が組まれている。左翼や指名打者で起用しようにも近藤、アルシアがいるし、一塁には左翼も守れる中田がいる。指名打者が使えない試合では、この中軸3人全員をスタメンで使うことさえ難しいため、いよいよ清宮を使いたくても使えなくなる。再びケガ人が出ればまだしも、このままなら交流戦開幕と同時に二軍再調整となりそうだ。

関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索