錦織圭が8強入り「状態はいい」 前回覇者にストレート勝ち

錦織圭が8強入り「状態はいい」 前回覇者にストレート勝ち

 男子テニスのマゼル・オープン(フランス・メッス)は19日、シングルス2回戦を行い、世界ランキング12位で第1シードの錦織圭(28)が同45位のペーター・ゴヨフチク(29=ドイツ)にセットカウント2―0で下し、準々決勝進出を決めた。

 錦織は昨年の覇者ゴヨフチクとは初対戦。

 第1セットは相手の強打と素早い展開に苦戦し、タイブレークまでもつれた末に先取。第2セットは第3ゲームでサービスを破られたが、直後にブレークバックし、粘る相手を1時間34分で退けた。

 錦織は準々決勝でニコラス・バシラシビリ(26=ジョージア)とウゴ・ウンベルト(20=フランス)の勝者と対戦する。

▽錦織の話「厳しい試合になることは予想していた。守備的になってしまったが、2セットで終われてよかった。状態はいい」


関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索