1日3力士が車いす…大相撲の故障多発は“巨大化”に原因あり

1日3力士が車いす…大相撲の故障多発は“巨大化”に原因あり

「あー! クソ! いってえ……」

 悲痛な叫びが国技館の通路に響いた。

 1敗の千代の国(28)が22日の勢戦で左ヒザを負傷。土俵際で相手の攻めをこらえようとするも、無理に曲げた左ヒザに大きく負担がかかったのだろう。勢に押し倒されると、苦悶の表情のまま、しばらくその場から起き上がれず。車いすに乗せられて花道を下がっていった。

 その直後には琴勇輝(27)が土俵下に落ちた際に足を痛めたのか、こちらも車いすで退場。この日は幕下の宇良(26)も古傷の右ヒザを負傷し、車いすに乗せられた。

 相撲にケガは付きものとはいえ、1日で3人の力士が車いすの助けを借りなければならないとは、異常事態といえる。

 ある角界OBは「今の相撲では無理もない」と、こう話す。

「昔に比べて、今の力士はみんな横にデカい(現在、幕内の平均体重は過去最高の166.2キロ)。適正体重を超えて太っているから、足腰にも多大な負担がかかる。普段の稽古量も昔に比べてどうしても少なくなる。かといって体重を抑えたら抑えたで、周りの力士はみんなデカいから力負けしてしまう。太れば確かにパワーや圧力は増すが、多彩な技は減るし、簡単な引き技ですぐに落ちてしまう。今の大相撲はいわゆる悪循環に陥っている」

 琴勇輝は176センチ、173キロ。身長からしても、明らかに太りすぎだ。引退した横綱稀勢の里もその典型だろう。188センチ、177キロの巨体を生かしたといえば聞こえはいいが、実際は力任せの相撲しか取れなかった。

 一方、千代の国(182センチ、145キロ)と宇良(174センチ、134キロ)は、近年では“軽量級”の部類。肥大化する力士のように自重で苦しむことはない分、体重とパワーの差がケガにつながりやすい。この日の千代の国のように、無理に粘った末に負傷というケースが少なくない。

 大相撲は力士のケガ防止を真剣に考える時期にきている。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索