侍J初選出の巨人・吉川尚 原監督の雷で発覚した“腰に違和感”事件

侍J初選出の巨人・吉川尚 原監督の雷で発覚した“腰に違和感”事件

 吉川尚輝(24)が昨18日、3月9、10日に行われる「日本vsメキシコ」の代表メンバーに3年目で初選出。「自分の持ち味を出して、チームに貢献することが一番だと思う」とコメントした。

 今キャンプでは1番候補として存在感を発揮している。これまで実戦4試合で12打数8安打、打率.667。16、17日の練習試合では5打席連続安打をマークし、「1番があれだけ出塁すると、2番以降につながる。彼が塁に出ると得点に直結する」と原辰徳監督(60)も及第点を与えている。

 宮崎1次キャンプでは腰の張りを訴え、別メニュー調整の日が続いた。そのことで吉川尚は原監督にカミナリを落とされたという。さるチーム関係者がこう言う。

「『自分のことは自分で守れ。しっかり意思表示をしろ』ということみたい。3日の紅白戦で3安打1盗塁と活躍した後、5日から腰痛で別メニューになった。その間に尚輝はコーチ陣との間に行き違いがあったんです」

 どういうことか。

「紅白戦後、尚輝の動きが鈍いことに、まず後藤打撃兼外野守備コーチが気付いた。本人を呼んで『体調が悪いのか? ケガか? それともただ動きが鈍いだけか?』と問いただしたところ、『腰に違和感がある』と答えた。後藤コーチはそれをチーフ格の吉村打撃総合コーチに伝え、フリー打撃を回避させようとした。しかし、吉村コーチは『打たせろ』とピシャリ。原監督が『うまい選手より強い選手』を求めているだけに、少し違和感があるくらいで第1クールから若手有望株を休ませたくないということだったのでしょう。でも、結果としてこれで腰痛が悪化。5日から別メニューを余儀なくされた。原監督はだから、『プロは人任せにしないで自分のことは自分で守れ』と尚輝を怒ったのです」(前出の関係者)

 指揮官はしかし、ドラ1入団の有望株を2次キャンプ地の沖縄行きのメンバーに入れた。能力の高さは折り紙付きである。

 腰だけじゃなく、背筋もピリッとした吉川尚。暖かい沖縄で安打を量産している。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索