昨季二軍2冠王の有望株が…原巨人に“大補強の被害者”第1号

昨季二軍2冠王の有望株が…原巨人に“大補強の被害者”第1号

 21日、沖縄・那覇2次キャンプ第2クールを終了した。原辰徳監督(60)は練習後、一軍の和田恋(23)、松原聖弥(24)の二軍落ちを発表。二軍から北村拓己(23)、石川慎吾(25)が一軍に昇格し、那覇キャンプに合流すると明言した。

 このクールを総括した原監督は、2人の課題について「打撃ですね。なかなか結果が出なかった。内容も良くなかったというところ。でも彼らは若い。もう一度自分で足りないところを補った形で、もう一度挑戦してくるということ」と説明した。

 特に和田は昨季二軍で本塁打、打点の2冠を獲得した有望株だった。昨秋に就任したばかりの原監督が「出世したな」と声をかけ、「力をつけたというか、噂通りというか、大きな可能性を持っている」と褒めていたが、実戦6試合で17打数3安打1打点だった。

■枠がないのにモチベーションを保つのは難しい

 巨人OBの高橋善正氏(評論家)がこう言う。

「和田は昨年ファームで好成績だったので注目していました。宮崎での紅白戦で2安打したり、田口からいい打球を打ったり、頑張ってるなと思っていたので残念ですね。レギュラーを狙う若手は、ずっと結果を残し続けないと生き残れない。これが巨人の掟とはいえ、外野にレギュラーの枠がない状況で『結果を出し続けろ』と言われても、モチベーションを保つのは難しい。一塁や右の代打枠を狙える能力もあるが、ここには補強した中島がいる。宮崎で結果を出して沖縄に乗り込んでも、16日の最初の対外試合の一塁のスタメンは中島だった。あれでは、どんなに二軍で頑張っても、補強した選手が優先なんだと思ってしまう。補強の被害者とも言えるから同情の余地はある」

 左翼のポジション争いに加わっていたが、外野陣の開幕スタメンは、中堅にFA補強の丸、右翼に陽岱鋼、左翼にゲレーロの補強組3人が名を連ねる可能性が高く、レギュラーはほぼ確定している。和田は「結果が出せなかったので、長打力に磨きをかけて頑張りたい」と気丈だったが、なかなか次のチャンスが巡ってこないのも巨人である。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索