勢いづく“黄金世代” 8人目小祝さくら初Vで次の優勝は誰に

勢いづく“黄金世代” 8人目小祝さくら初Vで次の優勝は誰に

【サマンサタバサレディース】

「同世代がツアーで勝つことには違和感がない。勝ってもおかしくない技術、強さを持っている。今日はミスも少なく、思い通りのプレーができた」

 2打差2位発進の小祝さくら(21)が、7バーディー、ノーボギーの65で回り、逆転でツアー初優勝を挙げた。

 小祝は勢いづく黄金世代(1998年4月から99年3月生まれ)の一人。

 ルーキーイヤーの昨季は38試合に出場して2位4回を含む、トップ10入り13回と安定した成績を残しており、賞金ランク8位。いつ勝ってもおかしくない注目選手の一人だった。

 上田桃子と同じ辻村明志コーチに師事しており、下半身強化のトレーニングに取り組みドライバー飛距離が格段に伸びた。

 前日に「優勝すると思ってプレーしなくては成し遂げられない」と、コーチからのアドバイスを受けて勝利をもぎ取った。

 黄金世代8人目(14勝=勝みなみアマ優勝除く)の勝利であり、今季は7勝目(河本結、勝みなみ2勝、渋野日向子2勝、原英莉花)になる。

「初優勝が期待される黄金世代はまだいます。今季すでに3298万円を稼いで賞金ランク18位につける吉本ひかる(20)は2位2回を含むトップ10が6回と何度も上位争いを経験しています。またニチレイ2位の高橋彩華(20)は賞金ランク35位(1587万円)と初めてのレギュラー転戦のペースに慣れてきた。さらに、黄金世代の1つ年下の稲見萌寧(19)も毎週のように上位に顔を出すようになっており、初優勝も近いでしょう」(ゴルフ記者)

 女子ツアーは若くないと注目されない、活躍できない――。そんな新時代に突入してきたようだ。


関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索