中日・根尾また離脱にファン疑問視 二軍首脳陣の言い分は

中日・根尾また離脱にファン疑問視 二軍首脳陣の言い分は

 中日のドラフト1位新人、根尾昂(19)が右肘痛で18日に遠征先の広島を離れた。17日のトレーニング中に痛め、翌日になっても症状が治まらないため名古屋市内の病院で検査。精密検査も受ける予定だという。試合中に左手指を負傷してから4カ月、一軍のグラウンドがまた遠のいた。

 同じ日、高卒2年目の伊藤康祐(19)も右肘を痛めて緊急帰名したことで、中日ファンの間では二軍の管理体制に対する疑問の声が噴出。4月に一軍デビューを果たした伊藤は6月に左太ももを負傷、先月中旬から二軍戦のスタメンに復帰したばかりだった。

 ただでさえ「中日では高卒の若手が育たない」というレッテルを貼られている。ファンが疑問視するのは当然だが、育てる二軍の首脳陣にも言い分があるようだ。

 超高校級選手として入団した根尾は、1月の合同自主トレで右足を肉離れし、春のキャンプは二軍スタート。甲子園を沸かせた遊撃守備にも粗さが露呈し、基礎練習に明け暮れた。立石巡回野手コーチは「器用にできてしまうところがあるけど、基礎はまだまだ。反応できてしまうというか、センスだけでごまかせてしまう。そこを直すのは簡単じゃない」と、運動能力の高さが逆に黄金新人の足カセになっていると指摘。育成に時間を要することを示唆していた。

 それだけではない。一軍で2本塁打を放ち、フレッシュ球宴ではMVPを獲得した広島の小園海斗(19)を引き合いに、こう苦笑いするコーチもいた。

「オフに少しは体をつくってくるかなと思っていたんだけど、細いままだった。キャンプで見ていても、食が細いなとは思っていたけど……」

 チームのスター候補の度重なる“誤算”に、首脳陣は「3年間くらいかけてじっくり育てる」という方針で一致。我慢強く育成を続けているが、苦悩は続きそうだ。


関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索