巨人・原監督 オーナー絶賛も“独裁”拍車で「短命政権」の可能性

巨人・原監督 オーナー絶賛も“独裁”拍車で「短命政権」の可能性

 巨人の山口寿一オーナー(62)が18日、都内で行われたオーナー会議後、原監督の手腕を絶賛した。

 3度目の就任となった今季、巨人は5年ぶりのリーグ優勝へマジックを4としている。同オーナーは「大変よくやっている。3度目の監督でブランクがあったけど、好調な選手をうまく使ってチーム全体を活気づけてくれた。一丸となって戦うチームにしてくれた。非常にいい用兵、采配を見せてくれてきたと思います。来季? 契約は3年。それは契約通り。大方の巨人ファンは監督の手腕については非常に評価をしてくれているんじゃないかと思います」と称賛。既定路線とはいえ、改めて来季続投のお墨付きを与えた格好となった。

 球団史上ワーストタイとなる4年連続V逸中だったが、原監督の復帰により、屈辱のワースト更新は避けられそうだ。球団内では契約の3年を超える、さらなる長期政権の可能性もささやかれている。

 今季はヘッドコーチもGMも置かない異例の「全権」体制で戦った原監督。結果が出たことで、来季以降はさらなる“独裁”に拍車がかかるとみられる。すでに補強費なども思うがまま。12球団の監督で、そんな権限を持つのは原監督くらいだ。それだけ球団が全幅の信頼を置いているということだが、さる球界関係者は「それが逆に政権の火種になることもある」とこう言うのだ。

「2003年がそうでした。就任1年目の02年に日本一になり、周囲に散々持ち上げられてから1年後、3年契約の2年目で辞任に追い込まれた年です。この年の成績は3位。阪神に独走優勝を許したとはいえ、3年契約の2年目で辞めなければならない成績ではなかった。1年目の優勝で原監督が発言力を増し、当時の三山球団代表などフロントとの対立が深まったからです」

 15年の2度目の退任も似たようなものである。

「2次政権は10年間と長かった。15年に巨人の選手による野球賭博事件が発覚したことで引責的な意味合いが大きかったが、その前にも11年の清武の乱(当時のGMと原監督の対立)や12年に明るみになった自身の1億円スキャンダルなど、警告が積み重なったものとの見方もあった。長く実権を握ることで、権力が集中した原監督を誰もコントロールできなくなった球団と溝が深くなったことが原因でもあった」(前出の関係者)

 来季は魔の3年契約2年目。巨人の契約年数はあってないようなものだ。今は蜜月関係でも、勝てなければバッサリやられるのが巨人。オーナーのお墨付きが原監督を暴走させ、結果として“短命”に終わる可能性もあるということだ。


関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索