貴景勝の大関復帰で囁かれる千賀ノ浦親方との“決定的亀裂”

貴景勝の大関復帰で囁かれる千賀ノ浦親方との“決定的亀裂”

 これでわだかまりが解消されたかといえば、むしろ逆のようだ。

 元大関貴景勝(23)が19日、妙義龍を破って10勝目。大関には「陥落直後の場所なら2ケタ勝利で元の地位に戻れる」という特例があり、貴景勝は来場所から大関に返り咲くことが決定した。

 過去、この制度の条件をクリアして大関に復帰したのは三重ノ海、貴ノ浪、武双山、栃東(2回)、栃ノ心の5人6例。貴景勝は6人目となったわけだが、12日目での10勝到達は最速記録だ。

 貴景勝は新大関の5月場所中に右ヒザ靱帯を痛め、途中休場。カド番の7月場所は「出場したい」本人と、「大関から陥落してもヒザを万全にするのが先決。9月場所の大関特例に賭けろ」という師匠の千賀ノ浦親方(58=元小結隆三杉)が真っ向対立。貴景勝は親方の説得に根負けし、休場を選んだ。

 仮に7月場所に強行出場していたら、更なるケガの恐れもあった。結果的に師匠の判断が正しかったことになったが、貴景勝はそうは思ってはいないようだ。

 支度部屋では「(先場所)出ずに陥落したことは無念もあった。実力で落ちたら……まあ、実力がないからケガしたんだけど、自分の役目を果たせずに落ちたので」と、いまだ釈然としない様子。さらに、「自分の体は自分が一番わかっているので、やり方を考えてやろうと。周囲の理解がなければ、自分のやり方はできなかった。それは感謝している」と、続けた。

■父親の祝儀持ち去り事件も

 力士自身が決めた調整法に親方も理解を示した――と言えば美談になろうが、実際はそんな奇麗事ではない。

「途中休場した5月場所も再出場しながら再休場と、親方と本人の意思疎通が取れていないことを露呈した。苛烈な性格の貴乃花に育てられた貴景勝にすれば、温厚だが消極的な千賀ノ浦さんは物足りなく映っているようだ。8月は部屋を離れて母校の埼玉栄相撲部でリハビリしていたのも、親方が頼りにならないと思ったからだろう。もっとも、千賀ノ浦さんも貴景勝を持て余し気味。6月の大関昇進パーティーでは、自ら雇った警備会社の警備員を引き連れた貴景勝の父親に、祝儀の大半を持ち去られた事件もあった。角界の常識どころか、一般社会でもおかしな話。今は互いに不信感を抱いて、師弟関係どころじゃないようだ」(ある親方)

 貴景勝は師匠について「それはやはり、もちろん、ホントにありがたいなと思っている」と話したが、内心はどうか。親方に頼らず、自身のやり方で大関に返り咲いた貴景勝。ますますかたくなになることは間違いない。


関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索