7回1安打投で日本S初勝利 “鷹サブマリン”高橋礼を待つバラ色のオフ

7回1安打投で日本S初勝利 “鷹サブマリン”高橋礼を待つバラ色のオフ

 巨人打線を手玉にとった。

 20日、日本シリーズ第2戦の先発を任されたのが、ソフトバンクの大卒2年目右腕の高橋礼(23)だ。初回を三者凡退で好発進すると、五回まで走者をひとりも出さないパーフェクトピッチング。六回に死球、七回に初安打されるも、7回1安打無失点で日本シリーズ初勝利を飾った。

 工藤監督は「集中力と制球はシーズン中より良かった」と言えば、本人も「集中力を切らさなかった」と笑顔を見せた。

 今季は先発ローテの一角として12勝6敗、防御率3・34の成績を残し、日本シリーズ進出に貢献した。さらに新人王も確実視されている。ルーキーイヤーの昨季は30イニングしか投げず、新人王の資格を有している(支配下登録から5年以内で投手は前年まで計30イニング以内)。

 そこで気になるのが、オフの契約更改だ。今季の1400万円から、どこまでアップするか。

「摂津や甲斐が参考になる。摂津は2009年、最優秀中継ぎのタイトルと新人王を獲得。年俸1200万円から5000万円に跳ね上がった。甲斐は年俸900万円だった17年に、103試合でマスクをかぶって頭角を現し、日本シリーズでも活躍。4000万円になった。高橋は先発という役割に加え、摂津が新人時代に出場できなかった日本シリーズでの働きと、甲斐が取れなかった新人王も高く評価されるだろう。査定次第では6000万円を超えるかもしれない」(球団OB)

 今からバラ色のオフが楽しみだ。


関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る