【ラグビーW杯】南ア戦でのジャパンの攻撃からはトライの気配が伝わってこなかった(寄稿・林敏之)

【ラグビーW杯】南ア戦でのジャパンの攻撃からはトライの気配が伝わってこなかった(寄稿・林敏之)

■南アフリカの粘り強いプレー

 南アフリカが「強かった」と言ってしまえばそれまでなのですが……。

 じわり、じわりとジャパンはプレッシャーをかけられました。

 前半のボール支配率は日本の73%。しかし、27%にすぎない南アフリカは、地域支配率で54%と日本を上回りました。

 長くボールを支配しながら、ジャパンの攻撃からは〈南ア守備網を突破してトライを決める〉という気配が伝わってこなかった。裏を返せば南アの選手が、いかに〈効率的な守備を展開していたか〉ということです。

 後半4、9分と南アにPGを立て続けに決められた。ジャパンは反撃しようにも、南アの選手たちが〈粘り強いプレー〉で立ちはだかった。

 中でも、南アが常にモールで優位に立ち、これがジャパンの選手たちの足を止めていった。モールで南アの選手たちは、何も特別なことをやっているわけではないが、選手一人一人が粘り強く、確実に役割をこなすことでモールが〈強固な塊〉となりました。

 後半26分、モールでグイグイ押し込まれ、最後は背番号9のSHデクラークにトライを決められた。

 ジャパンの選手たちは試合が進むごとに南ア選手の〈本来の強さ〉を痛感し、それがじわり、じわり、じわりとダメージとなっていった。30分には快速WTBマピンピにもトライを決められ、結局、ジャパンは前半20分のSO田村のPGによる3点にとどまりました。

■未知の領域

 ジャパンは、大会初戦のロシア戦から試合を重ねるごとに強くなっていったが、南アも初戦でニュージーランドに13―23で敗れたとはいえ、それからはナミビア、イタリア、カナダ相手に万全の戦いを見せ、確実にチーム力を上げながら日本戦に臨んできた。

 南アの勝利は順当でした。しかし――。

 残念な敗戦ではありましたが、後輩たちがW杯ベスト8という〈未知の領域〉に足を踏み入れてくれたことを素直に喜びたいと思います。併せてジャパンに声をからして応援して下さった皆さまに「ありがとうございます」と心の底から言わせていただきます。

 世界の4強が集まる領域の前には、高くて険しい壁がそそり立っています。しかし、ジャパンは決してひるんではいけません。さらに新たな未知の領域を目指し、これからも精進に精進を重ねてほしいと思います。

(林敏之・ラグビー元日本代表主将)


関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る