ラグビーW杯8強で終焉…いま明かされる“桜の勇者”たちの全内幕

ラグビーW杯8強で終焉…いま明かされる“桜の勇者”たちの全内幕

東京、浜松で寿司屋にズラリ

「ヒゲ面で小柄な男の人が大きな男性2人を連れてやってきた。ああ田中だ、と気づいて驚きました」(居合わせた客)

 日本がサモアを倒して3連勝し、強敵スコットランド戦を目前に控えたある日、東京の宿舎から程近い某すしチェーン店で、SH田中史朗、CTB中村亮士、PR具智元の3人が仲良く、にぎりや巻き物をつまんだという。

「エディー・ジョーンズHC(現イングランド代表HC)時代には考えられないことです」とは、ラグビーに詳しいスポーツライター。

「エディーは管理主義。宿舎内の服装や靴の並べ方まで注文を付けた。しかし、ジェイミー・ジョセフHCは自主性を重んじ、グラウンド外のことには口を出さない。選手は週に3〜4日は外食していた。静岡遠征中も、流大やツイ・ヘンドリックら帝京大出身メンバーが浜松駅前のビルにあるすし屋に集結。いくら国内とはいえ、大会期間中は生モノは避けるべきという意見もありましたが、コンビニでスナック菓子を両手いっぱい買い込む選手、スタバでクリームたっぷりの甘いコーヒーを飲んでいる選手もいた。試合前日でも選手宿舎に選手の家族がウロウロしていた。自由なムードが漂っていました」

 日本は31人中15人が外国出身選手でかつ、ポジション別で固まりがち。ジョセフHCはリーチらリーダー格の選手に対し、週に1度は複数の選手と食事を取るなど、“飲みニケーション”を図るよう推奨していたという。

「もっとも、ジェイミーは自主性にかまけて怠けるような選手はバッサリ切るから、選手もいい緊張感を保っていました」(前出のライター)

1日の手当ては野球の7分の1

「前回の日当は額面で3000円。10%の税金などが引かれて、手取りは2000円ちょっと。それと比べたらよくなりましたけど……」

 ラグビー日本代表のある選手は、こう言って苦笑いを浮かべたという。

 大会期間中ジョセフHCが「代表選手の日当は(額面で)100ドル(約1万円)。他国と比べてほしい。日本は報酬のためには戦っていない」と選手の日当を暴露して、波紋を呼んだ。

 日当は、年間240日に及んだ合宿期間中と、テストマッチ期間中にも支払われ、年間300万円程度になる。たしかに以前と比べれば待遇は上がった。

「いやいや、ジェイミー体制になって、240日間の合宿費用などかなりのカネを使った」と協会関係者は苦笑いを浮かべるのだが、選手に近い関係者はこう明かす。

「出場給は明らかにされていませんが、ジェイミーの口ぶりからいって支給されていないはずです。ベスト8進出で1人あたり100万円の報奨金はゲットしましたが、例えばオーストラリアは1試合あたりの出場給が最低1万ドル(約100万円)。待遇改善の余地はある」

 人気スポーツである野球の世界大会・WBCでは、大会主催者による勝利ボーナス以外に、日本野球機構(NPB)から1カ月で約200万円の手当が支給され、主催者からは1日100ドル(約1万円)のミールマネーも出る。故障時の損害保険も手厚い。1カ月間だけを見ると「230万円対30万円」。7分の1以下だ。

 ティア1の強豪国より恵まれていないものの、日本よりさらに「劣る国」もある。

 例えば、予選ラウンドで対戦したサモアは、同国ラグビー協会が慢性的に数千万円の負債を抱え、17年に破産。国際統括団体「ワールドラグビー」から資金援助を受け、何とか出場にこぎ着けた。

「トンガは13日に花園での米国戦後、台風で飛行機が欠航して身動きが取れなくなった。新幹線なら移動できたが、交通費は自腹になる。余計なカネを使えないと、代替便が来るまで何時間も待機していました」(ラグビー関係者)

実はメディア泣かせだったジェイミー流

 日本代表は報道陣との関係が良くなかった時期がある。

 報道陣が取材時間が短いことに対して改善を求める一方、協会も一部の記者に対し、「選手を呼び捨てにするなど、取材態度に選手が不快感を抱いている」とクレームをつけたことがあった。

「昨年9月の和歌山合宿で、ジェイミーは協会、選手たちとメディア対応について話し合った。ブラウンコーチとタッグを組んでいたNZハイランダーズHC時代から、情報漏れに対して厳しかった。起用、人事など戦術に関わる話についてはかなりピリピリしていたし、これまでメディアに戦術を語ったこともないはずです」(スポーツライター)

 ジョセフHCはあまり表に出たがらない性格で、大会期間中はもちろん、合宿中も一切、メディアの単独取材を受けていないという。

「攻め勝ちたいか、守り勝ちたいか」というザックリとした質問に対しても答えない徹底ぶりだ。

 放送関係者が言う。

「1次リーグのアイルランド戦前のこと。スタメンを発表する前の練習で、選手ごとの練習メニューに目立った違いがあった。専門家が見れば、スタメンか控えかがわかるような中身だった。翌日、スタメンを言及した報道に対し、『メディアに失望した』と漏らし、その後はさらに取材に規制がかかった。試合後のインタビューも、たとえばナンバー8姫野はあまり出てこなかった。華のある選手ですが、『代表にスターはいらない』というジェイミーの考えがあってのこと、ともっぱらでした」


関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る