ヤクルトが獲得発表 嶋の最大使命はドラ1奥川と捕手の育成

ヤクルトが獲得発表 嶋の最大使命はドラ1奥川と捕手の育成

 ヤクルトが15日、今季限りで楽天を退団した嶋基宏(34)の獲得を発表した。嶋は秋季キャンプに合流。嶋には以前から課題だったセンターライン強化が託されることになる。

 今季、ヤクルトのチーム防御率(4.78)、失点(739)はいずれも12球団ワースト。正捕手は中村悠平を中心に松本直、古賀、西田が争っているが、いずれも課題はリード面なのだ。

 バッテリー間が問題山積の中、ドラフトでは星稜の奥川恭伸(18)を3球団競合の末にクジで引き当てた。今夏の甲子園を沸かせたスターを預かるヤクルトにとっては、今後の育成力や起用法が問われる。

「チームは、ただでさえ甲子園のスターである奥川を預かるプレッシャーを感じている。そこへもってきて、バッテリーに不安がある。入団してすぐは体力づくりに時間を割くだろうが、それでもヤクルトでは即戦力。いきなり一軍抜擢の可能性も十分あります。そのときに嶋のような経験豊富な女房役がいれば、奥川も安心してマウンドに立てる」(球団OB)

 嶋はゴールデングラブ賞2回、ベストナイン2回受賞と実績は十分。楽天では岩隈久志(現巨人)、田中将大(現ヤンキース)、則本昂大と、球界を代表するエース投手たちの女房役を務めてきた。ヤクルトでは奥川自身の育成はもちろん、この先、奥川とバッテリーを組むことになる捕手たちへの教育係も務めることになりそうだ。

 年俸1億円からの減額制限を大幅に超えるダウン提示を受けて退団。今季は腰痛の影響で自己最少57試合の出場にとどまり、打撃と肩は下降線の一途をたどっているが、奥川が結果を残し、捕手陣のリードが改善されれば、安い買い物になるかもしれない。


関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る