キルギス下し4戦連続無失点も 森保Jの課題を釜本氏が指摘

キルギス下し4戦連続無失点も 森保Jの課題を釜本氏が指摘

 2022年カタールW杯アジア2次予選で森保ジャパン(世界ランク28位)が4連勝を飾った。 14日、敵地でのキルギス(同94位)戦を2―0でモノにして、W杯予選開幕から4試合連続で無失点勝利のオマケ付きである。

 前半41分、MF南野がPKを決めて先制。後半8分には、左MF原口がFKをゴール左に叩き込んで2点目。もっとも格下を相手に追加点は奪えず、2―0のスコアのままタイムアップだ。

 メキシコ五輪得点王のレジェンド釜本邦茂氏が「2次予選の相手はフィジカル的に後半になると疲労から足が止まる。日本選手には後半、もっとゴールを決めてもらいたい」とこう続ける。 

「W杯予選初戦のミャンマー戦は前半2―0の後半スコアレス。2戦目のモンゴル戦は前半4点の後半2点。試合が進むにつれ、ゴールが尻すぼまり傾向になる試合が少なくない。決めるべき場面で決めるべき選手が決める=決定力に難があるように思う。相手がバテる後半に、日本らしい攻撃で〈流れの中〉から得点を重ね、格上・日本の強さを見せつけてほしい」

 後半に日本の攻撃が手詰まりになるのは「決して選手が手を抜いているわけではない」(前出の釜本氏)が、「ケガなどを恐れて無理をしたくないという意識も働いているのでしょう」とは元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏である。

「10月10日のモンゴル戦で正DF冨安が左太ももを痛め、現在も戦線離脱中。今季からセリエAボローニャに移籍。せっかくレギュラーを張っていたのに悔やまれる故障だった。リードして後半に入ると、選手の頭の中で〈リスキーなプレーは避けたい〉という思いが強くなるもの。公式戦のW杯予選は、あくまで勝ち点3獲得を最優先課題とし、堅実なプレーに徹しているのでしょう」

 森保ジャパンは年内のW杯予選のスケジュールを消化し、19日にキリンチャレンジ杯ベネズエラ戦(大阪)を戦い、12月10日から韓国で開催される東アジアE―1選手権に参戦する。

 釜本氏の指摘する〈決定力に問題あり〉をぜひ解消してもらいたい。


関連記事

おすすめ情報

日刊ゲンダイDIGITALの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る