昨年暮れに一部スポーツ紙がすっぱ抜いた渋野日向子(21)とサントリーとの所属契約が14日、都内で正式発表された。2月1日から5年5億円(推定)の大型契約だ。

 プロゴルファーの契約事情に詳しいゴルフライターの嶋崎平人氏がこう解説する。

「全英女子オープンに渋野が勝ってから、もっと高額金を提示して所属契約をオファーした企業もあったそうです。しかし、サントリーがゴルフ大会を長く開催して、ジュニア育成に力を入れているのが決め手になった。渋野の明るいイメージは、サントリーの企業イメージにプラスになり、両者にとってウィンウィンの契約といえます。サントリーは引退後の宮里藍もサポートしており、宮里が米ツアーで培ってきた有形無形の財産を渋野が引き継ぐこともでき、メリットは大きいといえます」

 渋野は来年から米女子ツアー参戦を表明しているが、「心配なのが英語。どう勉強していいのかわからない」と会見で不安を口にした。すると、すかさず宮里が「私も最初は話せなかった。でも食事と一緒で、すぐに慣れる。英語はたいした問題ではない」とアドバイス。そんな悩みも宮里に相談すればすぐに解消できる。

「サントリーの契約金で、渋野はカネの心配がなく米ツアーに専念できる下地ができた。それに宮里は今でも米女子ツアー内にネットワークを持っている。なにしろ亭主は畑岡奈紗のマネジャーで米ツアー転戦をアテンド。畑岡と同世代の渋野には心強いでしょう」(ゴルフ記者)

 今回の契約期間はあってないようなもので、契約内容に違反がない限り自動継続とみられる。しぶこが世界に羽ばたく準備が整いつつあるわけだ。