日本代表として出場した3度のW杯ですべてゴールを決めた男=本田圭佑が、日本サッカーの象徴的存在であることに異論はないが、一部サッカー関係者から<疫病神>と呼ばれている。 

 ブラジルの大都市リオデジャネイロでは、フラメンゴ、フルミネンセ、バスコ・ダ・ガマ、そしてボタフォゴの4大クラブがしのぎを削る。過激なサポーターが多いことで知られるボタフォゴ入りが決まった本田が7日に現地入りすると空港に3000人の、本拠スタジアムでの入団セレモニーには約1万人のサポーターが出迎えた。

 しかし、9日のフルミネンセ戦を0―3で完敗するとバレンティム監督が解任されてしまった。

<本田と解任>といえば昨年11月、オランダ1部フィテッセに加入後、2試合プレーしたところでスルツキー監督がクビになった。2014年1月に加入したイタリア・セリエAのミランではデビュー戦の翌日にアッレグリ監督が解任され、入団2試合目はタソッティ暫定監督、3試合目はセードルフ監督と<デビュー3試合すべて異なる指揮官の下でプレー>した。

「フィテッセのスルツキー監督は、本田がロシアでプレーしたCSKAモスクワの指揮官だった。フィテッセ入りして恩師のクビを本田が飛ばしたようなモンです。結局、その年中にフィテッセとの契約が解除され、ボタフォゴ入りするまで浪人生活を強いられた。ボタフォゴで低パフォーマンスが続いたら……今月中にクビになる可能性もある」(サッカー関係者)

 ボタフォゴは近年、ブラジル全国選手権の1部の中位以下に低迷しており、サポーターの怒りは凄まじいものがある。それが<本田への過剰な期待>となっているワケだが、本田が救世主になり得なかったら――。

 本田は生きてブラジルを離れることができるのだろうか? そんな声も現地から聞こえてくる。